読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

角換わり新型同型 01

半年ほど前、角換わりの新型同型を「千田流△6二金~△8一飛」というタイトルで01~09まで検討していました。

最初の記事は下です。

honey1728.hateblo.jp

この記事を書いた当初は「△6二金~△8一飛」の形を先手番が採用すると、千日手模様になり先手番としては面白くない、という結論に向けて検討しているイメージでした。

しかし、今は▲5八金型への△4二玉型での後手の仕掛けが多くの形で利くということで、先手番でも▲4八金と構える将棋が増えてきました。

そこで再度この形を考えてみよう…と思うのですが、手の付けどころが分かりませんので、気になったプロの実戦を紹介していく形式を取ろうと思います。よって思い出したように時々更新するシリーズになりそうですが…

 

最近衝撃を覚えたのは、村山-畠山鎮(竜王)。

f:id:honey1728:20170506234941p:plain

いきなり▲4八金型じゃないやん…と思われそうですが、「▲4五歩の位取りには後手は右玉に組み替えれば打開が難しい」と先述した記事のシリーズで書いていました(千田流△6二金~△8一飛 02 - Dimensional Sniper)。

基本的に後手は△6二金~△5二金を繰り返すだけですから、多少の形の違いは似たようなものです。本譜の先手の金は5八→6八→6九と動いています。

 

実戦は、以下△6二金、▲7九金寄、△4一飛、▲8八銀、△8一飛、▲7七桂。

f:id:honey1728:20170506234942p:plain

打開が難しそうですが、パンツを脱ぎすててしまうのが好手。

ここで△4九角と反撃に出ましたが、▲6五歩、△同桂、▲同桂、△7六角成、▲7七金、△7五馬、▲6八飛が好手順。

f:id:honey1728:20170506234943p:plain

手なりに駒を進めて、後手は相当受けにくい形。後手が右玉にして徹底待機を狙う作戦は決定打が出ず細々と指し続けられてきましたが、これは相当有力なのでは?と思います。

 

※5/13追記

記事を書いた後、丸山-糸谷(竜王)でも似た構想が出て先手が快勝しました。