読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

最速の▲4六銀

先手中飛車が、一直線穴熊模様の駒組みに対して最速で銀を繰り出す形。

先日初めて指されたのですが、その場で考えて指した対応が良かったようなのでメモしておきます。

f:id:honey1728:20161016232714p:plain

▲2八玉すら後回しにするのが工夫。

後手が淡々と組むと△3三角、▲3六歩、△2二玉、▲3五歩、△同歩、▲同銀で下図。

f:id:honey1728:20161016232841p:plain

▲2八玉が入っていれば(もしくは先後逆なら)△1二香と上がっているのでここで△1一玉が可能。しかしこの場合は間に合っておらず、△3四歩と打たざるを得ないようでは作戦負けの気配。

 

そこで本譜は▲4六銀に△7四歩で急戦にシフト。

以下▲2八玉、△7三銀、▲3六歩、△4二銀、▲6八金、△6四銀、▲5七金、△8六歩と仕掛けた。

f:id:honey1728:20161016232715p:plain

△4二銀は▲3八飛に△3三銀を用意した意味。ただし省略するのもあるかもしれない。

先手の受け方も色々ありそうだが、▲6八金~▲5七金は妥協しない順。ただ▲7八金しても受け止められるかどうか怪しいし、▲8八飛はかなり妥協の上5筋の位が危うい。

ただ△8六歩と仕掛けた図は居飛車ペースだと思う。以下▲同歩、△7五歩、▲6六金が自然な対応だが、△7六歩、▲同金、△7二飛、▲5六飛なら△7八歩が受けにくい。

f:id:honey1728:20161016232850p:plain

実戦は△7五歩のところで△6五銀と出て微妙な進行になったが、本譜のように進めれば居飛車ペースだったと思う。