読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

一直線穴熊 △6四角型 02

一直線穴熊 将棋

C2 及川-田中戦より。前記事とは先後逆。

 

▲4六角(△6四角)に△5一角と引いて備えておく普通の形。

ここで▲2八飛と戻って△4四歩、▲同歩…と進めば高見本通りの展開だが、本譜は▲5八飛と工夫(下図)。

f:id:honey1728:20160708213218p:plain

▲5六歩から金を押し上げて抑え込むのが狙い。プロの棋譜を並べていると▲5六金の形は意外とよく出てくる気がする。技巧の評価値は互角(+50)。

実戦の進行は△4四歩、▲5六歩、△4五歩、▲5五角、△3三角、▲4八飛、△6五歩、▲4五飛、△5五角、▲同歩、△6四飛、▲6五歩、△同飛(下図)。

△4四歩では△3三桂もありそう。△5五角では△4四歩~△6六歩の方が良かったらしい。

f:id:honey1728:20160708213219p:plain

ここでは▲5四角と打てば先手+600と見た目以上に良いようだ。一例は▲5四角、△6一飛、▲4二飛成、△6二飛、▲5一龍、△6六歩、▲7七金、△5六角、▲6八歩…の進行。一方的に飛車を成れている分良いのだろうか。まあ難しそうだが…。

実戦は▲6六歩、△6三角、▲4二飛成、△5五飛…の進行。これは+200程度。

 

結果は先手勝ち。