読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

一直線穴熊 △6四角型 01

一直線穴熊 将棋

居飛車側が△6四角と上がる形。

振り飛車側は▲4八銀と引いた場合ほとんど避けようがない形。その分個人的には△8四角~△3九角成とぶった切る順より有力ではないかと考えている。

 

一例として、C2の都成-高見を一部だけ。

f:id:honey1728:20160707231018p:plain

△6四角と出る手がある場合は、△8二飛と回られる前に(つまり上図のタイミングで)▲5九角と引いておくのが無難。

ただ手番と駒組みの行きがかり上4九の金が離れていたので、くっつけるのも自然。

 

以下△8六歩、▲同歩、△8二飛、▲5八飛、△7五歩、▲5六飛、△7二飛、▲7五歩、△同飛、▲2八金、△7二飛、▲5八飛(△8八歩の防ぎ)、△7六飛と細かい応酬。

f:id:honey1728:20160707231029p:plain

技巧の評価値は-200程度でほぼ互角。

以下後手は△8六角、△7三桂、△6六歩など指したい手が多いので、先手は▲5四歩~▲5二歩などから動くのが一例。以下の手順もなかなか面白いのでいつか題材にするかもしれない。

 

結果は後手勝ち。