Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

相掛かりの序盤 14

また類型です。今回は軽めに。

 

△6四歩~△6三銀~△6二玉を急いでくる形。

f:id:honey1728:20170709215130p:plain

右玉志向なら、△6四歩~△6三銀より△7四歩~△7三桂を急ぐ方が良いのではないか、と思います。飛車を追われた時に△8一飛と引けないのは味が悪いですし、瞬間的に形が悪すぎます。

 

上図から△6二玉、▲5八金、△6三銀、▲5六歩。

f:id:honey1728:20170709215134p:plain

上図で△7四歩はやや危険、というのがメモしておきたかったこと。

 

△7四歩には▲3三角成、△同銀、▲4五桂が成立しています。

▲4五桂に△4四銀なら、▲4一角。

f:id:honey1728:20170709215138p:plain

以下△3一金なら▲2三角成、△4二金なら▲6三角成~▲2四飛です。

 

また、▲4五桂に△2二銀なら、▲2四歩、△同歩、▲同飛、△2三歩、▲3一角。

f:id:honey1728:20170709215142p:plain

以下△3一銀、▲3四飛、△3三歩、▲3五飛。どちらの変化も先手良し。

▲3三角成に△同桂なら潰れることはありませんが、桂頭を守る手段もなくいかにも負担になりそう。

 

△5二玉型なら成立しない仕掛けです。後手はまずは△5二玉・△6三銀・△6二金の陣立てを目指し、その後に場合によって遷都するという方針の方が良いのかもしれません。

 

 

さて、△8四飛+△4二銀型の形をまだ書いていませんが、次第に自分でも混乱してきたので、相掛かりシリーズは一旦中断にします。笑

実戦から検討したい局面が増えてきたので、暫くはその関連で書いてみます。

広告を非表示にする