読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

相掛かりの序盤 04

今回はさらっと。

 

△8五飛や△7六飛などとすぐに飛車を動かさず、△1四歩や△6二玉、△4二銀などで待つのも普通の手。

f:id:honey1728:20170429160254p:plain

これには▲4七銀と引いておいて、落ち着いた展開になるようです。

▲4七銀、△4二銀、▲6八玉、△6二玉、▲1六歩、△4四歩が一例。

f:id:honey1728:20170429160255p:plain

後手も桂頭の不安を解消でき、先手も右銀の用途の目途が立ちます。後手がひねり飛車を目指すのなら▲4七銀に△3五歩もありそう。このあたりは以前の変化と合流する可能性もありそうです。

以下▲9六歩、△8二飛、▲8七歩、△4三銀、▲5六銀といったところか。

f:id:honey1728:20170429160256p:plain

どこかで△7六飛と取る順にはやはり▲6六角と出ておいて後手の飛車が少し狭い。駒組みが進んでくると△7六飛とは取りにくくなるようです。

 

01~04の形をざっとまとめると、▲4六歩を早めに突いて右銀を使う、▲6六角は好位置、横歩を取られるのは恐れすぎない、玉は6八に上がる、といったところでしょうか。

 

 

次回からは後手を持って▲3八銀~▲5八玉の駒組みにどう対応すればよいのか考えてみます。