読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

対先手中飛車左美濃 04

前回の続きです。先手が▲6五歩と突く手を見送る変化。

f:id:honey1728:20170419012706p:plain

前回最終図の先手の駒組みが冴えなさすぎたので、修正案を考えてみます。

バランスを取って▲7八金と上がり、右辺の仕掛けに備えておくのが一例。以下▲6八角~▲4六角~▲6五歩が狙いの一つとなります。

 

上図以下▲5九飛、△3三角、▲6八角、△8四飛といった具合でしょうか。

f:id:honey1728:20170419012707p:plain

△3三角を省いて△8四飛と浮くのは、いきなり▲6五歩と突かれて▲6六角のラインがあり痺れているので注意が必要。△3三角は何気ないが欠かせない手だ。

△8四飛に▲7七桂なら、△7五歩と仕掛けるのが一案。難しいが後手は不満なさそう。

f:id:honey1728:20170419012708p:plain

▲4六角なら、△4四歩が無難だろうか。居飛車の仕掛けは少し難しくなるが…。

f:id:honey1728:20170419012734p:plain

△4四歩を消極的と見れば、8筋を交換して△8一飛の形で手待ちするのもありそう。

▲7七桂~▲6五歩は、△同桂、▲同桂、△同銀、▲7三角成に△7五歩で馬を作っても大したことがない。

ただ、▲4六角の利きを活かして▲5五歩と伸ばしてくる手もあり、先手に選択権を与えているきらいもあるか。