読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

一直線穴熊 △7三銀型 04

大分前に少し検討した形。久々に実戦で現れたのでメモしておく。

f:id:honey1728:20161109001056p:plain

上図は02で書いた局面。以下▲5四歩、△7六歩、▲6六角、△8六飛、▲8八歩と進んで下図。

f:id:honey1728:20161109001058p:plain

実戦はさわやかに△7三桂と跳ねたが悪手で、▲7四歩、△6五桂、▲7三歩成で、▲7五角の筋があるので先手の攻めが早い。

比較して考えていたのが手筋の△7七歩成で、▲同角なら△7六飛として手を渡し△7三桂~△6五桂を見せて急かす。

f:id:honey1728:20161109001101p:plain

ただじっと▲4六歩が気になるか。やはり右銀の働きが悪いのが気がかり。

 

△7七歩成に▲同桂も気になるところ。△3四歩が見えるが、▲同銀と取られて△同金、▲同飛、△8八飛成に▲5三歩成~▲6五桂の筋があって自信なし。

よって△3七歩と叩いて次に△7六歩などだろうか。

f:id:honey1728:20161109001102p:plain

ただ、どちらの手順も右銀と右桂の働きが今一つなまま戦いになってしまっている感じ。

 

浮かむ瀬によれば、2つ目の図では△5四歩と手を戻しておくのが正解だった。評価値はほとんど互角で千日手になる順も示していた。

△5四歩にはどこかで▲5二歩が生じるのが嫌だったが、すぐに打っても響きが薄いので大丈夫。後手は△7七歩成でなく△8二飛と引いて受けつつ態勢を立て直す将棋らしい。▲3四銀なら△同金、▲同飛に△4三銀と受ける。早い展開なら△2二銀打と埋めるのが普通だが、歩得を主張してゆっくりした将棋にするべきとのこと。