読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

対中飛車△7三桂急戦 02

前回の続き。分岐2の変化を考えてみる。

f:id:honey1728:20160927095732p:plain

即ち上図から▲3八銀と締まっておく変化だ。この局面ならこの手の方が普通だろう。安用寺-青嶋戦では▲2八玉に代えて▲1六歩と指しているため事情がやや異なっている。

上図から自然な進行を辿ると下図のような感じに進みそうだ(手順略)。

f:id:honey1728:20160927153213p:plain

この局面の技巧の評価値は、±0~-50と互角。

後手が何か工夫をするなら早めに△6五歩と打ったりするのだろうか。ただ得になるのかよく分からない。むしろ将来の桂跳ねを見て△6四歩と打っておく手もあるかもしれない。先手から揺さぶるなら▲5九飛で▲6八飛もあるか。

どう駒組みしても一局という感じで、割と研究のしようがない局面である。笑

後手としては、いずれ△4四歩と突きそうだがその次に△4三金なのか△4三銀なのか迷いそう。個人的には△4三銀~△3三角としておいて、先手が仕掛けないようなら△2二玉~△3二銀という進展を考えてみたい。