読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

一直線穴熊 ▲4六銀型 03

端に相手をして▲5六飛と浮かれた局面。ここで▲3五歩と突く手も一局で、以下△同歩、▲同銀に△4五歩や△8四飛でどうか。

f:id:honey1728:20160807003452p:plain

さて、▲5六飛は次に▲6六飛の狙いがあるので受けなければならない。

△8四飛が最も普通の受け方。ここで△7四歩には▲6六飛が気になるか。以下△8三飛にも△6二飛にも▲9五角の筋がある。

△8四飛、▲5八金、△2四角がよくある揺さぶり。

f:id:honey1728:20160807003453p:plain

以下▲2六歩なら△4五歩、▲2五歩、△1三角、▲5三銀、△2二銀が昔考えていた順。▲1五歩から角銀交換になるものの先手陣は空間も多いし勝負になるのでは?と思っていた。今冷静に見ると流石に後手悪そう。

△4五歩に▲5四歩は気になるが、△2二銀ぐらいで大丈夫か。

f:id:honey1728:20160807003454p:plain

△2二銀では△2二角と引いておけば、なんてことはなく一局だろうか。むしろ先手の金銀が離れているので後手持ちかもしれない。▲4六歩から一歩換えてくる順には△8六歩の仕掛けがある。

この辺りの手順は実戦で指したことがないので机上の空論にしかならないのが虚しいところ。

端を突き合っておいて端角の形を残しておくのは後手の得に見えるが、▲2六銀~▲1五歩の形になると端攻めが激痛なので注意したい。