読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

対先手中飛車左美濃 06

話題があちこちに飛んでしまい、分かりにくくてすいません。 この形の最序盤で気になっているのが、下図のようにいきなり▲5五歩~▲5四歩と歩を換えてくる変化。 私が実戦で指されたことはあまりありません。後手の角道が通っていないので先手の角が捌きや…

対角交換四間・備忘録

これも実戦で非常によく出現するのでメモ。 居飛車が銀冠穴熊を目指した序盤に対して、四間飛車側が△3二銀型で待機して角交換を狙うのはよくある手法。 上図から進めて下図。手損している関係で完全に同一局面ではないですが、増田-石田直(新人王戦)が一例…

対先手中飛車左美濃 05

最近中継されていた将棋より。二例。 まず、下図は上田-加藤戦(女流、マイナビ杯)。ご覧のとおり、このシリーズで取り上げている序盤戦術に近い順です。 ここから先手は▲5五歩~▲6五歩~▲5六銀の順で対抗。但し、本譜は加藤先生が穴熊を志向したのでこの…

銀冠穴熊vs四間穴 03

メモの続き。いつものことですが内容薄いです。 下図で▲2四歩と突かない場合の進行の一例を考えてみます。 先日教わった手で、浮かむ瀬では第二候補に挙がるのは▲7六歩、△7二飛、▲8八角の順。 この順がなかなか有力であるように思います。先後逆でも使い…

銀冠穴熊vs四間穴 02

続きです。 以下▲2四歩、△同歩、▲2二歩の変化。 後手としては何か手を作らなければならない局面。 以下△2五飛、▲同飛、△同歩、▲2一歩成、△2八飛は自然。 この局面の形勢は難しそう。先手の方が少し堅いが、後手は△2四角ですぐに角が使えるのに対して先…

銀冠穴熊vs四間穴 01

最近立て続けに指す機会があったのでメモ。 ノマ四に対して最近流行の銀冠穴熊に組む場合、穴熊に組まれる場合のことも考えておかなければなりません。 尚、私はこの形について書いてある本を読んだことがないので、以下の内容は本来常識なのかもしれません……

対先手中飛車左美濃 04

前回の続きです。先手が▲6五歩と突く手を見送る変化。 前回最終図の先手の駒組みが冴えなさすぎたので、修正案を考えてみます。 バランスを取って▲7八金と上がり、右辺の仕掛けに備えておくのが一例。以下▲6八角~▲4六角~▲6五歩が狙いの一つとなります…

対先手中飛車左美濃 03

前回の続きです。 今さらですが、居飛車側が更に先手の形を限定したいのなら、早めに玉側の端歩を突いておく方がいいのかもしれません。後手側が穴熊に組むことは相当なさそうですから。 さて、△6四銀と出たところ。 ここで先手が▲6五歩と突かなかった場合…

対先手中飛車左美濃 02

前回の続きです。 最近は新年度で忙しいので、内容薄めでゆっくり進めていきたいと思います。笑 下図は△6四銀と出たところ。 図の一手前に▲7八金と先受けしたらどうなるのか?というのは気になります。 以下△6四銀なら、▲6五歩、△7七角成、▲同桂、△7三…

対先手中飛車左美濃 01

前回まで「後手超速」というタイトルのもと、先手中飛車に対する後手番の急戦策を取り上げてきました。 今後暫くは、以前紹介した千田-今泉戦をベースに、先手中飛車に左美濃で対応する順を考えていきたいと思います。この戦型はすぐに△6四銀とは限らないの…

飯塚流と後手超速 05

久々の更新ですが、引き続き後手超速の将棋を紹介したいと思います。尤も、中飛車側が▲5五歩と突いていない場合、超速というよりは普通の急戦という感じが強くなりそうですが… 王座戦の鈴木-深浦戦より。 図は△7三銀と上がったところ。ここから5筋の位は取…

飯塚流と後手超速 04

前回の続き。今回は、中飛車側が▲5五歩を保留する例。 ▲5五歩を保留されると、中飛車側の駒組みの柔軟性が高まるため、居飛車としてはどこかで角道を開ける展開が多くなります。この場合角を捌かれやすくなるためこれまでのような急戦では上手くいかない場…

飯塚流と後手超速 03

前回の続き。今回は、後手超速に先手が▲6六銀で対抗する形です。 進行は菅井-大橋戦(第46期新人王戦第一局)より。 見ての通り、通常の超速における銀対抗を先後逆にしたのと同じ形です。 ただ、以下中飛車側が普通に組む展開なら、先手番の戦法を後手番で…

飯塚流と後手超速 02

今回は後手超速と呼ばれる形について。 まずは直近の例を紹介してみます。菅井-澤田(C1)より。 居飛車の狙いが綺麗に実現した例だと思います。 上図以下▲7八銀、△5二金右、▲2八玉、△3二玉、▲3八銀、△4二銀、▲6六歩、△7五歩で開戦。 先手に早めに▲6…

飯塚流と後手超速 01

先手中飛車に△7三桂~△6五歩と仕掛ける形に限界を感じ始めたので、前やっていた別の形を再考してみたいと思います。 それは、後手が角道を開けずに△7三銀~△6四銀と繰り出していく形。最近は「後手超速」などと呼ばれているのをよく見かけますね。 この…

角換わり▲4五桂 基本の攻め筋 06

前回同様、▲4五桂に△4四銀と上がられた場合の進行例をご紹介。今回は▲2九飛と引く形です。 今季C1の青嶋-高橋戦より。 青嶋先生は角換わりでの左美濃を時おり採用されています。(昨季C2での星野戦など) 下図は▲4五桂と跳ねた局面。 △2二銀なら▲7七角…

角換わり▲4五桂 基本の攻め筋 05

前回の続きで、▲4五桂に△4四銀とかわされた場合の攻め筋を紹介します。今回も▲3四飛と横歩を取る形。 折角なので私の実戦例から。△8五歩に▲7七銀とせず▲4五桂と跳ね、△4四銀に▲2四歩と突いた局面。この△4四銀では△2二銀もあったでしょうか。 以下△…

後手早繰り銀 メモ

技巧や浮かむ瀬と戯れながら、考えたことをメモ。 先手が▲4五桂を早く跳ねる順を狙う手に対して、後手が2筋を受けずに早繰り銀に組むのは最近24やウォーズでよく見かける構想。 【最先端の後手番角換わり】この形の早繰り銀は特に後手番で有力で、最先端の…

角換わり▲4五桂 基本の攻め筋 04

今回は、△4四銀と上がってきた場合の攻め筋を考えてみます。 一度書きましたが、基本的には「△4四銀と上がらせれば成功」です。△4四銀に▲2四歩、△同歩、▲同飛、△2三歩(△2二歩という受け方もある)の時、飛車を横に使って暴れられそうなら▲3四飛から…

異次元の狙撃手 19

久々に青嶋先生の将棋から。竜王戦6組の青嶋-三枚堂戦より。 横歩取りから、後手の三枚堂先生が9筋から手を作りにきた局面。 平凡な応手では後手の仕掛けが上手くいってしまうので、先手としては上手い対応が求められるところ。 以下▲3三角成、△同桂、▲5…

角換わり▲4五桂 基本の攻め筋 03

今回は、受け手が△6二銀~△5二金と手堅く組んできた場合をまとめてみます。以前まとめたものの中に「この形は仕掛けが成立しない」とありましたが、難しい変化もあるようです。 下図を基本図としていますが、実戦だと▲7八金と△6三銀の交換が入っている形…

角換わり▲4五桂 基本の攻め筋 02

続きです。前回紹介できなかった攻め筋です。 通常後手の形は「先手の攻めが成立しない」とされている形。(ちなみに△7三桂と跳ねていれば▲3五歩、△同歩、▲4五桂、△2二銀、▲7五歩で仕掛けになりそう) 飛車の横利きが通っているので、▲2二歩~▲5三桂…

角換わり▲4五桂 基本の攻め筋 01

さて、材料も揃ってきましたので、おさらいしながらまとめておきます。 まずは基本的な攻め筋をざっとまとめておきます。まずは▲4五桂に△2二銀と引かれた場合の攻め筋から。 先後同型から▲4五桂と跳ねたところ。先手の攻め筋の確認ですから、後手陣を非常…

角換わり▲4五桂 05

そろそろまとめます、と言いながら数週間が経過してしまいました… 今回もつぶやきのまとめに終始します。。。 成立しない例。先手陣に△8八角と打ち込む隙があります。 【角換わり▲4五桂の成立条件】この局面の▲4五桂は桂を取られてしまう。△4二角に代え…

角換わり▲4五桂 04

今日はこれまでに載せ損ねた分を拾って置いておきます。 【角換わり▲4五桂の成立条件】この形は先に▲5五角打った方が迫力がある。pic.twitter.com/XlF7m0UGNW — こいなぎ@24 (@naginyan135) 2017年1月10日 【角換わり△6五桂の成立条件】後手番であれば基…

角換わり▲4五桂 03

今回は、▲4五桂に△4四銀と上がられた場合の攻め筋を大雑把に載せてみます。 そもそも▲4五桂の成立条件が「△2二銀と引かれないこと」である以上、後手に△4四銀と上がらせた時点で先手としては一応成功ということになります。 こう進めば既に成功とされて…

角換わり▲4五桂 02

今回は、▲4五桂が成立する典型的なパターンをまとめてみます。まずは▲4五桂に△2二銀と引いた場合に潰れる形を見ていきます。 暫くはこいなぎさんのツイート頼りでまとめ、分類ができてきたら図面にして整理したいと思います。 前回も載せたツイートですが…

千田流△6二金~△8一飛 09

少し前、▲4八金~▲2九飛の先後同型の形を検討していました。 下は同型から▲6六歩、△6五歩と進んだ形。 以前から参考にさせて頂いている「将棋はソフト指しでおk」様が最近この形について深く深く研究なさっているので、リンクを貼っておきます。 blog.l…

角換わり▲4五桂 01

新年が明けましたし、暫く中断していた序盤研究を再開したいと思います。最近は詰将棋と棋譜並べばかりやっていましたが、今一つ結果に出てこないので…。 最近盛んに指されている、角換わりからすぐに▲4五桂と跳ねる将棋を考えてみます。 しかしそもそも基…

一直線穴熊 早い△8四歩・続

前回の続き。 ちなみに、浮かむ瀬に掛けてみると+300ぐらい先手に振れる局面だ。 狙い筋を示すために漫然と続けてみると、△5二金、▲3七桂、△6二金左、▲4五桂。 △4二角に▲6六金と金を繰り出す。▲5六歩もありそうだが、△4四歩ぐらいで忙しくなりそうだ…

一直線穴熊 早い△8四歩

先日の実戦を題材に、少し検討。 △6四歩や△5二金を省略し、△7三銀~△8四歩を急がれた。 △5二金と上がった時の▲8六角の筋を牽制している。 以下角を右に転換する構想で漫然と組むと、下図のように進みそう。 以下▲4八飛~▲2六角~▲3七桂が一例。 ▲4…

対中飛車△7三桂急戦 04

前回の続き。 以下△同歩、▲同飛、△7七角成に何気なく▲同銀と取っていたが、ここで▲同桂と取る手があった。 実戦中も少し考えていた手ではあったが、こちらの方が優るようだ。 評価値はやや先手に振れる。▲5五角や▲6五桂、▲3四飛などを組み合わされるのは…

対中飛車△7三桂急戦 03

前の記事の次の対局より。 青嶋先生が指していたのを見て興味を持ち、少し前に記事にした形です。 これまで調べてきた手順は、△7三桂に▲6六歩と防ぐ手順。 本譜ではここで▲5四歩と突かれた。 ありそうな手だが、指されたのは初めて。 実戦では長考の末、…

一直線穴熊 ▲4六銀型 05

昨日の続き。 まず感想戦で検討したのは下の局面。 ▲7九銀右は△7一金や△6二金右と代わった時に損得が微妙なのでどうかというところでしたが、▲4六歩はあったか。 △4四飛なら▲6五歩~▲5五角で切り返せる。これもじっとされた時に手が分からずやめたの…

一直線穴熊 ▲4六銀型 04

強い方に教わる機会があったのでメモしておきます。 中飛車側が▲4六銀(先後逆なので図の場合は△6四銀)と出てくる形に、すぐ△7三銀(▲3七銀)と右銀を攻めに使う手を一時期解説していた。 honey1728.hateblo.jp 今回は最もオーソドックスな下の形で対抗…

千田流△6二金~△8一飛 08

続きです。 ▲4五桂に△4四銀と躱したところ。 この▲4五桂がそもそもどうなのか?ということも考えるべきなのかもしれないが、応手が△4四銀に限定されるのなら跳ねておいても損はないと考えるのが普通だと思う。 前回の記事で▲7九玉と引いたが、△1三角と…

千田流△6二金~△8一飛 07

前回の続き。知らないと打てない△1三角から。 引き続き浮かむ瀬との検討です。 ここで▲1五歩なら△7五歩と突くのが急所の一手。 ▲同銀には5七の地点を狙って△4五銀直があるし、▲同歩にも△8六歩がある。 初志貫徹で▲1四歩が自然だろうが、平然と△4六角…

千田流△6二金~△8一飛 06

便宜上「千田流」と題していますが、千田先生はそのネーミングはおかしいと否定されるでしょうね。笑 Ponanza流と呼んでいる人もいますが、Pona以外のソフトも指すので難しいですね。ちなみに今日の検討は浮かむ瀬の検討の二番煎じです。 このシリーズは△6…

続・最速の▲4六銀

最近とびとびになっていて大変分かりにくいですが、下の形の類型が先日プロの実戦に現れたのでメモしておきます。中継を見てびっくりしました。笑 以下△3三角なら▲3六歩~▲3五歩で、△1二香~△1一玉が間に合わないという話でした。 さて、棋戦は忘れまし…

一直線穴熊 △7三銀型 04

大分前に少し検討した形。久々に実戦で現れたのでメモしておく。 上図は02で書いた局面。以下▲5四歩、△7六歩、▲6六角、△8六飛、▲8八歩と進んで下図。 実戦はさわやかに△7三桂と跳ねたが悪手で、▲7四歩、△6五桂、▲7三歩成で、▲7五角の筋があるので…

異次元の狙撃手 18

新人王戦準々決勝、青嶋-梶浦戦より。 同型矢倉から、▲4五歩、△同歩、▲3五歩、△同歩、▲同角、△4四銀、▲3六銀の形に。後手が入玉を狙う将棋に進むこともありますが、本譜は先手の攻めを余しつつ反撃に出る展開を選びました。 今後手が猛ラッシュをかけて…

異次元の狙撃手 17

久々に青嶋先生の将棋を。 新人王戦の青嶋-石井健戦です。 角換わりの序盤から。お互いに位を取り合っているのが少し珍しいものの、何の変哲もない局面。 次の一手から、先手がどんどん攻勢に出ていきます。 まず▲4六銀があまり見ない手。以下△3一玉、▲7…

続・謎多き同型矢倉

前回の続きです。 実戦は何も考えずに△7七歩、▲同歩、△同桂成と進めましたが微妙。▲同角(下図)と取られ、少し先手が良いようです。▲3六桂を狙っている相手にすぐ桂馬を渡すのは得策ではありませんでした。 尤も、罪深かったのは次の△6六歩で、▲同角、△…

謎多き同型矢倉

実戦より。 結論が出てもおかしくない形ですが、手が広く奥深い戦型だと思います。実戦だと後手の急戦矢倉志向を先手が避けて進む場合が多いでしょうか。 最近の本だと「藤森流急戦矢倉」に載っていますが、由緒ある形ですので他にも書かれている本は多いで…

対角換わり棒銀 03

最近「浮かむ瀬」をダウンロードしたので、技巧との二刀流で行こうと思います(^^)。 さて、局面は先日紹介した形。実戦で試す機会があったので検討してメモしておきます。 本譜は上図で△4二玉と上がられ、それでも▲4五桂と跳ねていきました。 ただここで△…

Everything's gonna be all right

以前、こんな記事を書きました。 honey1728.hateblo.jp 夏も終わりましたし、それぞれの項目にどのくらい取り組めたか、そしてこれから何をするかについてメモしておこうと思います。反省は大事ですから…笑 ①詰将棋(高柳詰将棋選集、二川詰将棋選集など) …

対角換わり棒銀 02

昔「角換わり腰掛け銀研究」を並べたこともありますし、最近の棋譜もかなり並べているので相腰掛け銀の勝率はかなり良いのですが、意外と棒銀にされた時の勝率が高くないという残念なことに気が付いたので色々考えてみます。 最近面白そうだと思ったのは下の…

最速の▲4六銀

先手中飛車が、一直線穴熊模様の駒組みに対して最速で銀を繰り出す形。 先日初めて指されたのですが、その場で考えて指した対応が良かったようなのでメモしておきます。 ▲2八玉すら後回しにするのが工夫。 後手が淡々と組むと△3三角、▲3六歩、△2二玉、▲…

対角換わり棒銀

実戦より。私後手です。 序盤の折衝で▲7八金が保留されている形。つまり通常より一手早く棒銀に来られた。 実戦は△1四歩と突き返す方の定跡で進めた。つまり△1四歩、▲1六歩、△7四歩、▲1五歩、△同歩、▲同銀、△同香、▲同香、△1六歩の順。 △7四歩は次に…

千田流△6二金~△8一飛 05

ややこしそうな「③▲6六歩には△6五歩で先攻」の形。 ▲同歩には△同桂も△同銀もありそう。 一番無難な変化は△同桂に▲6六銀、△6四歩の順。この順はすぐに決まるような形ではないしプロの実戦に類型も多いが、後手に△8六歩から一歩持つ順があって先手やや妥…