読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

相掛かりの序盤 08

本当にメモだけ。相掛かりの出だしから角換わり模様に変化する例について。

f:id:honey1728:20170511175952p:plain

佐々木大地流の出だし。

以下△3三角、▲4六銀、△4二銀、▲7六歩。△4二銀で△2二銀は中央が薄くややバランスが悪いように思います。

f:id:honey1728:20170511175953p:plain

ここで△7四歩なら、▲3三角成、△同銀、▲8八銀とし、角換わりで先手が早繰り銀に出たのと似た局面になっている。

▲8八銀に△8六歩なら、そのまま飛車先切らせ早繰り銀の形。

△8六歩でなく△7三銀なら▲7七銀、△6四銀と相早繰り銀に進みそう。

f:id:honey1728:20170511175955p:plain

9筋の交換が若干後手に得に働いているが、すぐに仕掛けられる訳ではない(▲2四歩~▲2五歩があるため)。

上図以下は▲1六歩、△4四歩、▲5六角が一例。

 

▲3三角成に△同銀のところ、△同桂も有力。以下先手は▲6八玉、△4四歩、▲2四歩、△同歩、▲同飛、△2三歩、▲2八飛と進める。

f:id:honey1728:20170511175954p:plain

この時△4三銀には▲2二歩があるのがネック。よって△5二金ぐらいだが桂頭が不安。相掛かりの形としては△同桂が自然なように思うのですが、この場合は△同銀の方が無難かもしれません。

 

少し戻って、▲7六歩にはすぐに△8六歩が自然かもしれません。以下▲同歩、△同飛、▲3三角成、△同銀(ここも△同桂とは取りにくそう)、▲8八銀。

f:id:honey1728:20170511175956p:plain

△7六飛なら▲7七桂で、▲8二角の筋を見せておく。後手の飛車の行き場所が少し難しい。

f:id:honey1728:20170511175957p:plain

△7六飛と横歩を取れないのなら、飛車先切らせ早繰り銀の形に合流しそう。