読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

角換わり新型同型 02

上村-中村太(王将)より。

下図は、▲4八金~▲2九飛の先後同型から▲6六歩と突いた局面と同一局面です。

f:id:honey1728:20170507134901p:plain

前記事を書いた時には、ここで△6五歩と仕掛ける手を検討しました。下のブログ記事が大変詳しく勉強になります。

角換わり腰掛け銀▲4八金・2九飛△6二金・8一飛型⑤ : 将棋はソフト指しでおk

 

本譜は△6三銀。▲6六歩を積極的に咎めるというより、あくまで千日手気味に待機しようとする作戦だ。

以下後手が△5二玉~△4二玉を繰り返す間に、先手が銀矢倉を完成させ、後手が△5四銀と出て下図。

f:id:honey1728:20170507134902p:plain

堅く囲えたようにも、後手の攻めが当たる位置に玉が移動したようにも見える局面。先日の木村-広瀬でも似たような手待ちがありました。

尚、この図は先月指された糸谷-羽生(竜王)と同一局面です。そちらは図から▲5六歩でもう少し駒組みが続き、後手から仕掛ける将棋になりました。

 

本譜はここで▲1五歩、△同歩、▲3五歩の仕掛け。

f:id:honey1728:20170507134903p:plain

評価値は-50~-100でほぼ互角(やねうらelmo)。銀が参加しておらず軽いようですが、▲7五歩で戦線拡大できるので先手の仕掛けも手になっているようです。

実戦はここで△6五歩と中村太先生らしく攻め合いに出て、▲4五桂、△4四銀、▲3四歩、△9五歩…と進みました。難解なねじり合いになりましたが後手勝ち。ソフトに掛けてみたところ▲4五桂では▲7五歩という手もあるらしく、これも難解というほかないですね。

 

ここはもちろん△同歩や△4四歩で受けに回るのもあるところ。ソフトの第一候補は△4四歩で、以下▲7五歩、△同歩、▲3四歩、△同銀、▲2四歩、△同歩、▲同飛、△2三金、▲2九飛が進行の一例。

f:id:honey1728:20170507144111p:plain

ここで△2四歩か△2八歩か。確かに後手陣が薄い感じがするので、太地先生は攻め合いを志向したのかもしれません。