読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

早繰り銀いろいろ 02

前回の続きです。△4五歩の変化。

f:id:honey1728:20170430183225p:plain

危なっかしい手ですが難しい変化を内包しています。評価値は+300ぐらい。

先手は▲5五銀と出たいところ。以下△同銀、▲同歩に△3五角が気になる手。

f:id:honey1728:20170430183226p:plain

△3五角のところは△4二玉も一局。先手も▲7七銀と追随するか、積極的に▲4四銀もあるでしょうか。ただここで△4二玉を選ぶなら、△4五歩のところで△4二玉を選ぶ人の方が多い気がします。

△3五角は馬を作られるので嫌な手ですが、▲6九玉、△5七角成、▲6八金、△4七馬、▲7八玉が落ち着いた手順。

f:id:honey1728:20170430183227p:plain

後手を引くので指しにくいですが、落ち着いておけば後手陣の乱れの大きさが目立ちます。

ここで△4六馬なら▲5八飛が幸便。△4二玉なら▲2二歩、△同金、▲5四歩でペースは握れそう。

後手陣はバラバラなので、先手は強く戦えば良くなる変化が多いようです。

 

 

早繰り銀は、最近よく見る▲5六角・▲4六銀・▲3七桂・▲2六飛の形の研究もしてみたいですね。