読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

相掛かりの序盤 03

淡々と続けます。このシリーズは具体的な手順の検討というより、序盤の大雑把な感覚を身に着けようとするものに近くなりそうです。

 

再び下図の局面。

f:id:honey1728:20170427022031p:plain

前回は△7六飛の進行をざっと載せましたが、今回はここで△8五飛とする順について考えてみます。

次に△8六歩が嫌味なので▲8七歩と受けますが、以下△3五歩、▲4七銀、△8四飛とひねり飛車模様に組み替えてきます。

f:id:honey1728:20170427022032p:plain

ここで浮かむ瀬の候補手はやはり(?)▲6六角。△7四飛に備えている意味合いもあるのでしょうか。

後手は当然△2四飛のぶつけ。

f:id:honey1728:20170427022034p:plain

浮かむ瀬の第一候補手は断固▲同飛で、以下△同歩に▲3九金や▲2八歩、▲6八銀辺りを読んでいます。評価値は±0~-50ほど。

f:id:honey1728:20170427022033p:plain

ただ、▲3九金や▲6八銀には△2七飛~△2五飛成~△3四龍が手厚くて先手容易ではなさそうですし、▲2八歩には将来の△1五歩~△1六歩が怖いところ。

評価値が離れている訳ではないですし、先手も飛車が手持ちなので大変なのでしょうが少しやりにくい気がします。

 

飛車のぶつけには、▲2六歩と受けるのも悔しいですが自然な手。

f:id:honey1728:20170427022038p:plain

評価値は一瞬-150ぐらいに振れますが、読ませているうちに-50ほどに落ち着きます。実際後手の主張を通すので嫌な感じはするのですが。これは激しい展開にはならなさそうなので、以下は駒組みに移行します。

一例を進めると、▲2六歩、△6二玉、▲8六歩、△4二銀、▲8八銀、△7一玉、▲9六歩、△5四歩、▲8七銀、△5三銀、▲6八玉。

f:id:honey1728:20170427022040p:plain

長手順進めましたが、自然な順だと思います。銀冠が間に合えば先手にも主張はできるでしょうか。評価値は-50前後。

後手は△6四銀~△7四歩~△3一角~△7五歩のように動いてくるのでしょうか。先手からは▲3六歩があるので後手はいずれ△3四飛と戻りそう。先手はしっかり囲えればそれでも▲3六歩~▲3八飛と仕掛けるのかもしれません。

 

一昔前のひねり飛車に比べると、後手が得をしている点が多い感じもしますね。