読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

銀冠穴熊vs四間穴 02

続きです。

f:id:honey1728:20170417013356p:plain

以下▲2四歩、△同歩、▲2二歩の変化。

f:id:honey1728:20170417013355p:plain

後手としては何か手を作らなければならない局面。

以下△2五飛、▲同飛、△同歩、▲2一歩成、△2八飛は自然。

f:id:honey1728:20170417013357p:plain

この局面の形勢は難しそう。先手の方が少し堅いが、後手は△2四角ですぐに角が使えるのに対して先手の角は負担になりそうな位置。ちなみに浮かむ瀬の評価値は+400ぐらい。

以下の手順はソフトも揺れているぐらいなので難しい。

一例は▲1一と、△2九飛成、▲6八銀、△6五桂、▲3一飛、△2四角、▲8八金上。

f:id:honey1728:20170417013358p:plain

▲8八金上が非常に味のいい手だが、局面は難しい。以下△5二銀や△7三金をソフトは示してきた。評価値は変わらず+400ほど。
尚、ここで△6八角成、▲同銀、△7七歩には▲7九金と引いておいて、▲7六香の狙いが厳しく残る。

 

結論としては、▲2四歩に踏み込むのかどうかは難しいか。折角検討したので一度ぐらいは実戦投入します。笑