読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

対先手中飛車左美濃 03

前回の続きです。

今さらですが、居飛車側が更に先手の形を限定したいのなら、早めに玉側の端歩を突いておく方がいいのかもしれません。後手側が穴熊に組むことは相当なさそうですから。

 

さて、△6四銀と出たところ。

f:id:honey1728:20170408192006p:plain

ここで先手が▲6五歩と突かなかった場合どうなるのか、というのも重要。

先手には▲7八金、▲4六歩、▲5九飛など色々な手段がありますが、▲6五歩と突いてこないのなら大体△7三桂と跳ねてしまうのが基本。

f:id:honey1728:20170408214737p:plain

▲6五歩を防いでおいてここから持久戦にするのが狙い。先手は▲5五歩と突くこともできないので、手がかなり制限されています。

以下淡々と駒組みを下図のような感じでしょうか。

f:id:honey1728:20170408230918p:plain

やはり先手からは仕掛けにくい局面。一方後手は銀冠穴熊への組み替えもありますし、△8四飛~△7五歩の仕掛けも狙えます。

尤も、上の順は先手がかなり漫然と組んだ例なので、もっと良い手順はあると思います。