読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

対先手中飛車左美濃 02

前回の続きです。

最近は新年度で忙しいので、内容薄めでゆっくり進めていきたいと思います。笑

 

下図は△6四銀と出たところ。

f:id:honey1728:20170408193527p:plain

図の一手前に▲7八金と先受けしたらどうなるのか?というのは気になります。

f:id:honey1728:20170408193508p:plain

以下△6四銀なら、▲6五歩、△7七角成、▲同桂、△7三銀に▲5五歩とすぐに突けます。

f:id:honey1728:20170408193509p:plain

多少駒の配置が違っていたとしても、上図は居飛車が避けるべき局面です。△4四歩には▲5四歩で▲7一角の筋がありますし、△6二銀にも▲5四歩で後手かなりまとめにくいです。これは先手のバランスの良い陣形が活きる形。

上図のように、5筋の歩交換に対して△4四歩~△4三金で受けられない形は避けるべきです。(角を換えていない形なら▲5五歩に△4四歩が間に合うのですが)

 

よって、▲7八金には△6四銀と出ずに△4四歩がおすすめ。角を換えない持久戦にしてしまえば、▲7八金が形を決めすぎていて損になります。

f:id:honey1728:20170408194949p:plain

もちろん、これまで同様に一局と言う他ない局面ではありますが。