読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

異次元の狙撃手 19

将棋 青嶋未来

久々に青嶋先生の将棋から。竜王戦6組の青嶋-三枚堂戦より。

 

横歩取りから、後手の三枚堂先生が9筋から手を作りにきた局面。

f:id:honey1728:20170129202835p:plain

平凡な応手では後手の仕掛けが上手くいってしまうので、先手としては上手い対応が求められるところ。

以下▲3三角成、△同桂、▲5六角、△2四銀(▲2三角成の防ぎ)に▲8三角成が先手の歩切れを突いた一着。

f:id:honey1728:20170129202837p:plain

尤もこれで決まりという訳ではなく、ほぼ互角の進行。

後手も馬は取れないので△4四飛と逃げるが、先手は▲3七桂とじっと駒を使い、△8六歩と歩切れを解消する手に▲2五歩で駒得を図る。

f:id:honey1728:20170129202838p:plain

以下△1五銀では▲2九飛と引かれて銀の退路に困るので、一旦は△同桂。そして▲同桂に△4五飛と桂馬を取り返しに来たが、そこで一回▲3三桂成が成り捨ての手筋。

f:id:honey1728:20170129203052p:plain

こうして形を乱しておいて、後手に強い戦いをさせにくくしている。

以下△同金、▲5六馬、△2五歩、▲2九飛、△4四飛に▲1六桂で駒得が確定。

f:id:honey1728:20170129203057p:plain

手順に馬を引付けられたのも大きく、上図を眺めると先手陣が相当引き締まって見える。逆に後手陣はキズが多く、形勢はまだ難しいだろうが実際勝ちにくい形になっているように思う。

派手な手は出てこないが、非常にプロらしいと感じる手順だ。

以下後手は待望の△8五桂だが、▲2四桂、△同飛、▲8三歩が緩急を付けた指し回し。

f:id:honey1728:20170129203101p:plain

後手としては動きを催促されているが、形が悪いので駒を渡すと反動が大きい。

以下、攻めを上手くいなしつつ▲8二歩成~▲7二とが間に合って先手勝ち。青嶋先生の終始落ち着いた指し回しが印象的。