読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

角換わり▲4五桂 基本の攻め筋 03

今回は、受け手が△6二銀~△5二金と手堅く組んできた場合をまとめてみます。以前まとめたものの中に「この形は仕掛けが成立しない」とありましたが、難しい変化もあるようです。

下図を基本図としていますが、実戦だと▲7八金と△6三銀の交換が入っている形が多いかもしれません。その場合も大きな違いはありません(もちろん変化によっては影響しますが)。

尚、△6三銀でなく△7四歩だと後手の条件が悪くなります。(▲5五角のラインが厳しくなるため)

f:id:honey1728:20170128175541p:plain

前回までと異なり後手陣の5三の地点が手厚いので、桂馬を3三で交換する形にしないと犬死してしまいます。よってここでは▲3五歩を入れて仕掛けます。

 

以下△同歩、▲4五桂、△2二銀、▲2四歩、△4四歩は自然な進行。

このタイミングで△4四歩と突けるのは△5二金型のメリットです。(△6一金型なら▲3四角が刺さる)

f:id:honey1728:20170128175557p:plain

①以下▲2三歩成、△同銀、▲2四歩、△3四銀、▲2三角は△4三角としっかり受けられて千日手模様。但し、後手番の時もありますし覚えておいて良い攻め筋でしょう。

f:id:honey1728:20170128175559p:plain

②▲2四歩で▲1五角と打つのも、場合によっては必殺になりうる手。ただここでは△2四歩、▲2五歩、△4三玉で息切れ気味か。

f:id:honey1728:20170128175601p:plain

▲2五歩では▲同角もありそうだが、後手にもう一歩持たれているので普通に△同銀、▲同飛、△2三歩と打たれるのは味が悪いだろう。ただそこで▲4四飛で桂馬が助かりそうなので難しいのかもしれない。

 

③▲2四歩で▲3三歩と打つのは私も実戦で指されたことがある手で、有力。

f:id:honey1728:20170128175603p:plain

以下△同桂、▲同桂成、△同玉にじっと▲4五歩がいやらしい手。

f:id:honey1728:20170128175605p:plain

△同歩なら▲5五角がうるさい。

△6三銀型なら、△5四銀、▲4四歩、△2四歩から△6五歩~△6四角を見て後手が手厚いとは思うが、玉が露出しており勝つのは大変そう。図の場合は尚更だ。

 

①~③ともに後手が手厚そうな変化ですが、攻め筋としては覚えておいていいでしょう。