読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

角換わり▲4五桂 基本の攻め筋 02

将棋 角換わり

続きです。前回紹介できなかった攻め筋です。

f:id:honey1728:20170122030112p:plain

通常後手の形は「先手の攻めが成立しない」とされている形。(ちなみに△7三桂と跳ねていれば▲3五歩、△同歩、▲4五桂、△2二銀、▲7五歩で仕掛けになりそう)

飛車の横利きが通っているので、▲2二歩~▲5三桂成~▲3一角の筋は△4三玉で受かる。

 

しかしここでは、△8五歩、▲7七銀の交換が入っていない点を利用した上手い仕掛けがある。

▲4五桂以下△2二銀に▲7七角。

f:id:honey1728:20170122030113p:plain

以下△4四角、▲2四歩、△同歩、▲同飛、△7七角成、▲同桂、△4四歩が普通の受け手順ですが、そこで▲5五角が炸裂。

f:id:honey1728:20170122030117p:plain

以下△4三玉なら▲6五桂がぴったり。

通常は角をどかして△4四歩で攻め手がないところですが、この場合は左桂が戦線に参加できるので攻めが繋がります。

 

そこで、△7七角成でなく△2三銀と受けてきますが、これには▲同飛成、△同金、▲2四歩、△同金、▲2二銀が既出の手順。

f:id:honey1728:20170122030116p:plain

前回いきなり角を渡す順を載せたが、先手陣は飛車打ちに強いのでいきなり飛車を渡す順もよくある。

ただ浮かむ瀬の評価値は互角か若干後手持ちに振れるので、必ずしも成立していると言い切れるのかは微妙な気もします。