読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

対中飛車△7三桂急戦 04

前回の続き。

f:id:honey1728:20161207222059p:plain

以下△同歩、▲同飛、△7七角成に何気なく▲同銀と取っていたが、ここで▲同桂と取る手があった。

実戦中も少し考えていた手ではあったが、こちらの方が優るようだ。

f:id:honey1728:20161207231802p:plain

評価値はやや先手に振れる。▲5五角や▲6五桂、▲3四飛などを組み合わされるのは後手としてはかなり嫌な展開。こういう展開が好きな居飛車党はいないのではないだろうか。笑

浮かむ瀬との検討では、更に遡って△7七角成のところで△8六歩が良いとのこと。この手なら互角かやや後手持ちで進行する。

f:id:honey1728:20161207231808p:plain

以下▲同歩に△6五桂と跳ねる。

f:id:honey1728:20161207231810p:plain

角交換を先手からやらせるのが急所で、△2二同銀の形になれば手順に▲5五角と▲3四飛の筋を緩和できる。

これなら後手の飛車も捌けそうなので、居飛車を持ってやり甲斐のある将棋だろう。

 

…非常に適当ですが、取り急ぎメモだけ。また検討してみます。