読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

一直線穴熊 ▲4六銀型 05

昨日の続き。

まず感想戦で検討したのは下の局面。

f:id:honey1728:20161206202150p:plain

▲7九銀右は△7一金や△6二金右と代わった時に損得が微妙なのでどうかというところでしたが、▲4六歩はあったか。

f:id:honey1728:20161206205106p:plain

△4四飛なら▲6五歩~▲5五角で切り返せる。これもじっとされた時に手が分からずやめたのだが、とりあえず後手の動きを封じておいて、先手が一番いいタイミングで▲3五飛から動くというのは一案だった。

特に後手番の時は使える手かもしれない。(尤も、後手番の時は△4四角に▲2八飛と引いて千日手にすればいいが…)

 

さて、浮かむ瀬の推奨手は、実戦と同じ▲5六歩。

f:id:honey1728:20161206210106p:plain

以下△4四飛、▲6五歩、△7三銀、▲3五飛、△同歩に、▲5五角でなく▲4六角と打つのが肝心な手。

f:id:honey1728:20161206205049p:plain

この局面の評価値は+300ほど。

以下△2八飛、▲5五角左、△6二金右、▲4四角、△同歩、▲4一飛が自然な進行。ぼんやりしているようだが、次に▲6四歩が厳しい。

f:id:honey1728:20161206205054p:plain

以下△6九角、▲7九金、△4七角成、▲7三角成、△同銀、▲6四歩(▲2一飛成)の進行は、先手陣の堅さが光っている。

f:id:honey1728:20161206205104p:plain

つまるところ、▲5五角が疑問手でした。

一番の上の図で長考した時に▲4六角の局面まで想定できるようになりたいですね。