読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

千田流△6二金~△8一飛 06

角換わり 将棋

便宜上「千田流」と題していますが、千田先生はそのネーミングはおかしいと否定されるでしょうね。笑

Ponanza流と呼んでいる人もいますが、Pona以外のソフトも指すので難しいですね。ちなみに今日の検討は浮かむ瀬の検討の二番煎じです。

このシリーズは△6二金~△8一飛の先後同型を扱っているので、そう書けば分かりやすかったですかねえ…

 

さて、③の▲6六歩には△6五歩で先攻の続き。基本図は下。

f:id:honey1728:20161122130651p:plain

以下▲同歩に△同桂の変化を考える。

f:id:honey1728:20161122130659p:plain

ここは△同銀もあるところで、これには先手は▲5八玉~▲6九飛と転回する将棋になる模様。少し考えてみたが、△6二金を狙われるので後手芳しくないのでは?というイメージを持った。

そこで△同桂。以下▲6六銀、△6四歩と進んだところで、先手も黙っていると後手に十分な態勢を築かれそう。

よって▲4五桂は一案。

f:id:honey1728:20161122125118p:plain

ここで△2二銀は、▲5五銀や▲9七角があるようだ。よって△4四銀は自然。

この△4四銀と躱した局面は、同じ陣形で4三の歩を打っている分だけ後手が損しているような感じを受ける。

f:id:honey1728:20161122134311p:plain

しかし、検討させてみると案外そうでもないようだ。ここで▲2四歩と行くと、△同歩、▲同飛に△4五銀直~△3三角が先手陣の欠陥を突いている。

よって▲7九玉ぐらいかと思ったが、これには△1三角と打つ手があるらしい。

f:id:honey1728:20161122125119p:plain

ここに角を打つ手は、この形では案外よく出てくる。応用範囲が広いので覚えておいて損のない形だ。

この場合は、▲7九玉と引いて手薄になった5七の地点と、△2二角と引いた時に6六の銀が当たりになる点を狙っている。