読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

異次元の狙撃手 18

青嶋未来 将棋

新人王戦準々決勝、青嶋-梶浦戦より。

同型矢倉から、▲4五歩、△同歩、▲3五歩、△同歩、▲同角、△4四銀、▲3六銀の形に。後手が入玉を狙う将棋に進むこともありますが、本譜は先手の攻めを余しつつ反撃に出る展開を選びました。

f:id:honey1728:20161107001415p:plain

今後手が猛ラッシュをかけてきたところ。この手は詰めろで、後手玉は必至ぐらいはかかりそうだがまだ詰みはないので、しばらくは受けに回る必要がある。

まずは▲5七桂。そこで△8七歩成、▲同歩、△6七銀成、▲同玉、△8七飛成の順は詰めろになっておらず▲5二銀、△7一玉(△同金は詰み)、▲6三銀成で先手勝ち。

しかし、実はこの局面は後手優勢。ここで△8七金があったのだ。

以下▲同歩、△同歩成、▲6八玉、△6七銀成、▲同玉、△7七と、▲同玉、△5七角成の順。金を渡しても後手玉は詰まない(ただし厄介な変化はある)。

 

実戦は△4七金。確実な手に見えるが、そこで▲4八銀が手筋の一着。

f:id:honey1728:20161107001417p:plain

△同金なら詰めろが外れる。

実戦は△8七歩成、▲同歩、△6七銀成、▲同玉、△5七角成、▲同銀、△8七飛成で下図。

f:id:honey1728:20161107001419p:plain

次の一手が決め手に近い。

 

f:id:honey1728:20161107001420p:plain

龍が8筋から逸れると▲8三角が生じるので、金駒がもう一枚入れば後手玉は詰む。よって△5七金~△7八龍とは指せない。

以下△7五桂、▲同歩、△7六金、▲6八玉、△7七金、▲同銀、△6五桂と手順を尽くしましたが、駒を渡した上▲7五歩の形になったのが大きく、▲5二角以下後手玉は即詰み。

f:id:honey1728:20161107001422p:plain

一瞬の逆転。