読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

異次元の狙撃手 17

久々に青嶋先生の将棋を。

新人王戦の青嶋-石井健戦です。

f:id:honey1728:20161102221436p:plain

角換わりの序盤から。お互いに位を取り合っているのが少し珍しいものの、何の変哲もない局面。

次の一手から、先手がどんどん攻勢に出ていきます。

f:id:honey1728:20161102221438p:plain

まず▲4六銀があまり見ない手。以下△3一玉、▲7九玉、△7四歩、▲4七金、△6四角、▲3八飛で下図。

f:id:honey1728:20161102221440p:plain

△6四角と手放す必要があるのかは難しいが、▲3八飛に△4四歩とすぐに後手から戦いを起こす進行なので、これで後手戦えるという判断か。角を手放されなかった場合は▲3五歩から一歩換えておくぐらいだろうか。3筋の歩が切れるのは先手にとってかなりのポイントだ。

実戦は△4四歩に▲3五歩で本格的な戦いに突入した。

f:id:honey1728:20161102221441p:plain

以下△4五歩、▲同桂、△4四銀、▲5六金、△4三金右、▲3四歩。

△4四銀で△同銀、▲同銀、△1九角成は▲3四歩、△4二銀(2二銀)に▲4六角などだろうか。後手は陣形の乱れが酷く指しきれなさそう。そこで△4四銀とかわすが、▲5六金がずっと指したかった手で、一気に先手の攻めが手厚くなった。

f:id:honey1728:20161102221442p:plain

見ていて気持ちが良くなる手順だ。

尤も形勢は難しく、以下△3七歩、▲4八飛、△3四金とねじり合いが続いた。最後は寄せ切って先手勝ち。