読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

対角換わり棒銀 03

最近「浮かむ瀬」をダウンロードしたので、技巧との二刀流で行こうと思います(^^)。

さて、局面は先日紹介した形。実戦で試す機会があったので検討してメモしておきます。

f:id:honey1728:20161026103844p:plain

本譜は上図で△4二玉と上がられ、それでも▲4五桂と跳ねていきました。

f:id:honey1728:20161026103845p:plain

ただここで△2二銀と引かれていたら若干無理気味だったと思います。ソフト的にはこの局面は互角の評価ですが、進めていくと桂馬を取りきられて徐々に値が落ちていく場合が多かったです。

本譜はここで△4四銀。以下▲2四歩、△同歩、▲同飛、△2三歩(△2二歩が手堅い)、▲3四飛から暴れまわって勝ち。

ただ△4二玉と備えられると▲4五桂とは跳ねにくいのかもしれません。

 

ではどうするか。棒銀は居玉で仕掛けてくる順もあるので△4二玉と上がらせているのは得だが、先手陣もかなり形が制限されている(飛先突き越し+腰掛け銀の形)ので何とも言えない。もちろん早繰り銀にはできないし、中村太地本などに載っている▲4七銀~▲3八飛~▲2五桂の形にも組めない。

一案は右玉で、▲4七銀、△8四銀、▲1六歩、△1四歩、▲7八金としておく。

f:id:honey1728:20161026105446p:plain

ここから後手がすぐ仕掛けてくれれば以下の順で先手良しになる。有名な順ですがご紹介しておきます。

以下△9五歩、▲同歩、△同銀、▲同香、△同香、▲9四歩、△9二歩、▲5八金。

f:id:honey1728:20161026105607p:plain

△9八香成、▲2九飛、△8九成香、▲2九飛。

f:id:honey1728:20161026105633p:plain

ただ、右玉を見せると後手も△9五歩とは仕掛けずに自陣整備をしつつ△7四歩~△7三銀などと立て直す順を狙ってきそう。そうなると先手番として右玉はやや消極的な気もします。

うーん、▲2五歩を決めている場合、棒銀模様なら定跡通り早繰り銀にした方がいいのかもしれませんね。また指す機会があれば考えてみたいところ。