読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

千田流△6二金~△8一飛 05

将棋 角換わり

ややこしそうな「③▲6六歩には△6五歩で先攻」の形。

f:id:honey1728:20161008120443p:plain

▲同歩には△同桂も△同銀もありそう。

一番無難な変化は△同桂に▲6六銀、△6四歩の順。この順はすぐに決まるような形ではないしプロの実戦に類型も多いが、後手に△8六歩から一歩持つ順があって先手やや妥協と取るのが普通だと思う。

f:id:honey1728:20161008120448p:plain

ただ実際の形勢は難しいのではないか。プロの類型だと相手側が専守策を取っている場合が多いが、この形は先手にもいきなり▲3五歩などの攻め筋がある。これは研究のし甲斐がありそうだ。

千田流への応手として有名なのは△同桂に▲同銀と取って△同銀、▲6三歩、△7二金、▲6四桂といった順だが、この場合は6八玉型で当たりが強いので指しにくい。

 

△同桂では△同銀と激しくいく順も考えてみたいところ。お互いに角銀を持つと▲6三銀(△4七銀)の筋が生じるので怖いところだが、後手は桂を先に跳ねているので▲6三銀には△7三金と強く躱せる。

f:id:honey1728:20161008125513p:plain

以下▲6六銀なら△4七銀と放りこむ。▲6六銀のところで▲6三歩を利かす手もありそう。この辺りは非常に微妙だ。

f:id:honey1728:20161008125637p:plain

以下▲4九金、△6四歩とした局面で先手がどう指すか。▲6三歩や▲9五角といった左辺を攻める手、▲3五歩や▲4五桂など右辺に手を付けておく手などパッと見ただけでも非常に手が広く、厄介な局面だ。

 

△同桂と△同銀のどちらを選ぶかは難しい。棋風で選んでもいいと思う。