読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

千田流△6二金~△8一飛 04

将棋 角換わり

続きです。

次にわかりやすそうな「④▲4五銀には△5五銀で後手良し」を考えてみます。

f:id:honey1728:20161007235411p:plain

角換わりではあまり見ない筋かもしれません。先手としては4六の歩を守る手段はないので、力強く▲6六銀が第一感。そこで△4六銀にどうするか。

そこでじっと▲5六銀としておいて後手も指す手が難しいかと思ったのだが技巧指摘の△4四銀が好手なようだ。

とりあえずここに銀を出ておけば、△4六銀が殺される展開には相当ならない。(例えば先手に一歩持たれて▲4七歩とされた時に△6五歩と突いて大丈夫。▲7七銀には△5五銀で助かる仕掛け)

また、△3三桂の活用を見込んでいるのもあるだろう。

f:id:honey1728:20161007235412p:plain

以下自然な▲2四歩、△同歩、▲同飛には△6五歩~△6四角が厳しい。

f:id:honey1728:20161007235413p:plain

先手は玉の近くが戦場になるのがつらいところ。場合によっては△6五歩でなく△6五桂として5七の地点を狙われる場合もありそうだ。

 

段々内容が薄くなっていますが、①、④、⑤に関してはこんな感じで概ね問題ないと思います。④、⑤に比べれば①は互角以上のものではないですし、上手く打開されればそれまでではありますが。

ただ②と③はややこしいのですぐには更新せず暫く考えてみようと思います。笑