読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

異次元の狙撃手 16

C1の安用寺-青嶋より。今回は序盤の仕掛けの局面から。

f:id:honey1728:20160927094055p:plain

青嶋先生の先手中飛車への戦法選択は…色々ですね。笑

一直線穴熊を選ぶときもありますが後手番超速や本譜のような謎急戦を指されるときも。

 

いきなりの桂跳ねから仕掛けに行きます。上図以下▲6六歩、△6四歩、▲6七銀に△6五歩と突く。

f:id:honey1728:20160927094058p:plain

▲1六歩が▲2八玉に代わっていれば、相手をせずに▲3八銀と締める手も見えるところ。その場合でも仕掛けは成立していると思います。

本譜は▲同歩と取り、△同桂、▲8八角、△8六歩、▲同歩、△8六飛、▲7八金に△8八飛成と強行突破。

▲8八角で▲5九角は△8八歩、▲7七桂、△同桂成、▲同角、△8九歩成でどうか。▲5四歩と捌けないため、香得がそのまま香得となる展開になりそう。

▲8八角で▲6六角と上に逃げ、△8六飛に▲8八歩と収める展開もあったか。先手も桂馬は殺せなくなるが、後手からすぐに手を作るのも難しそう。

f:id:honey1728:20160927094059p:plain

以下▲同金、△8七歩、▲7八金、△6九角、▲8一飛、△6六歩と進んだ。こう進むのなら仕掛けは成功していると言えるだろう。出だしは軽くてもとにかく食いついて手を作っていく感じが青嶋先生らしい気がする。

f:id:honey1728:20160927094101p:plain

本譜は安用寺先生の粘り強い指し回しが素晴らしく大熱戦になりましたが、リードを守り切って後手勝ち。