読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

一直線穴熊 △6四角型 05

前の話題に戻ります。実戦より。

f:id:honey1728:20160919103329p:plain

以下△4四歩、▲同歩、△同飛、▲5五角、△4九飛成、▲1一角成に△5八歩と指された。

f:id:honey1728:20160919103334p:plain

どうやら「青嶋の結論」に載っているらしいが未読なので自分なりに考えてみよう。笑

以下▲2一馬、△5九歩成、▲5四馬と進んだところで後手がどう指すか。この形はとにかく▲5四馬が好位置になりやすい。

次に▲6三桂があるので後手は角を動かす一手。実戦は△6二角。そこで私は▲5三香と指したが、▲2四歩もあったか。

f:id:honey1728:20160919104235p:plain

ふわっとした手だが、△3九龍に▲2五飛を作って飛車の可動域を広げている。ソフトにかけてみると+200ぐらいだった。▲5三香は、▲5二香成の時に△4四角があるのでそこまで効果的でない。

 

ソフトの推奨は△6二角で△3三角だった。不安定でやりにくそうだが、いじめるのも簡単ではない。

以下▲3五歩と突いてどうか。△3九龍に▲2六飛を準備しており、味の良い手だ。

f:id:honey1728:20160919103336p:plain

技巧の形勢は±0。

大まかな方針としては、△6九と~△7九とで駒損はするが潰れることはないので飛車と馬の働きを徐々に良くしにいく。駒を渡すと利用されるので焦らず指すのが良い。