読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

一直線穴熊 ▲4六銀型 04

一直線穴熊 将棋

前書いた叡王戦村田-高見の序盤は下図の出だしでした。

f:id:honey1728:20160820114708p:plain

▲3五歩と最速で歩交換をし、しかし▲3八飛や▲3四歩とは指さずにすぐに▲4六歩と決めてしまうのが工夫。▲3五銀への後手の対策は△8四飛~△4五歩などで手を作ることですが、その時に△4五歩と突きにくくさせている。

この形に対して、以前紹介した△7三銀型を流用するのはどうだろうか。

即ち、以下△3二金、▲1八香、△7四歩、▲1九玉、△7三銀、▲2八銀、△6四銀の順。

f:id:honey1728:20160820114709p:plain

以前紹介した形との違いは▲4六歩か▲3九金かの差。以下▲3九金なら△6五銀、▲5九角、△7六銀、▲7八飛、△7五歩が一例。

この時、先手は左金を寄せにくくなっており、先手にとって好ましい変化ではないと思う。

f:id:honey1728:20160820114711p:plain

▲3九金を省略して▲3八飛もありそう。

以下△6五銀、▲3四銀、△同金、▲同飛、△8六歩、▲同歩、△5六銀と進んでどうか。△7六銀もありそう。

f:id:honey1728:20160820114712p:plain

まあ一局か。