読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

一直線穴熊 ▲8六角の揺さぶり

将棋 一直線穴熊

中飛車側が△6二銀と引いて固める形に対して▲8六角と揺さぶる手を数例見たのでメモしておきます。

まずは叡王戦広瀬-阿久津。

f:id:honey1728:20160818135610p:plain

△7三歩・△6四歩型のタイミングで▲8六角と出て、△7四歩に▲6五歩と突いたところ。以下△7三銀、▲3七桂、△8四歩、▲6四歩と進んだ。

△8四歩は、角出に対する振り飛車穴熊の常套手段で、△8四歩~△8五歩と伸ばして先手の穴熊に圧力をかける順を狙っている。この時に△7三銀が好位置だ。

f:id:honey1728:20160818135612p:plain

ただ、先手が一歩持ったのも大きい。▲2二歩の筋もできるし、何より手が作れない可能性がなくなるのが安心する。

 

もう一例は竜王戦青嶋-渡辺誠。微妙に形が異なっているが動き方は同じ。

f:id:honey1728:20160818135613p:plain

以下△8四歩、▲2四歩、△同歩、▲3七桂、△6二金、▲6四歩と進む。

f:id:honey1728:20160818135614p:plain

8六に出た角はいずれ追われてしまうが、一歩持って動く展開になれば不満はない。玉頭に歩が伸びてくるのも嫌なので形勢は互角だろうが。

実戦はどちらも居飛車勝ち。