読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

一直線穴熊 △4四飛のタイミング

将棋 一直線穴熊

中飛車が△6二銀と引く形ではよく見られる揺さぶり。

プロの将棋を見ていると▲5九角のタイミングで△4四飛と回り▲3七角と上がらせる展開が多いが、自分の実戦だともっと早く回られることもよくある。一例が下図。

f:id:honey1728:20160728150615p:plain

このタイミングだと▲4八飛の一手。以下普通に組みあって▲5九角~▲4五歩~▲2八飛とすれば前解説した形に合流するし、▲2六角型に組みたければ▲4九飛~▲2六角~▲3七桂とすれば良い。

つまり普通の形に戻そうと思えば戻せるのだが、上の早い飛車回り咎める順をたまたま観戦したのでメモしておく。(咎めていると言えるかどうかは微妙だが)

それが▲5六歩と突く順。

f:id:honey1728:20160728150617p:plain

タイミングは難しいが、▲8八銀と締まっているが▲7九銀右と引いてはいないところで決行するのが良さそう。右銀は中央に使う含みを残しておきたい。

以下△同歩なら▲同金、△5四飛、▲5五歩、△5一飛、▲5八飛ぐらいでどうか。▲6七銀なども入れて抑え込みに行く順になる。

△5四飛もあるか。これには▲5七銀(下図)か▲同歩、▲5八飛もあるか。

f:id:honey1728:20160728150619p:plain

後手陣は金銀の応援が利きにくいので、上手く指せば抑え込める気がする。わざわざ指すかどうかは悩ましいが、相手の思惑は外せそう。