読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

異次元の狙撃手 13

前記事の続き。

f:id:honey1728:20160728144814p:plain

以下△7四銀打、▲8三桂成、△同玉、▲7四金、△同銀、▲7五歩と進んで下図。

前記事から一貫して拠点が消えないように攻め続け、消えたところで歩を叩いてまた作りに行く。金銀が多いのでとにかくぶち込む展開にしたい。

f:id:honey1728:20160728144818p:plain

以下△同銀、▲6三銀、△7三金に▲2四飛が目の覚める一撃。

△同銀では△同馬の方は粘りはありそうですが、これにも▲8六銀や▲7六歩から自陣を手厚くしながら拠点を作っておいて先手優勢。

f:id:honey1728:20160728144819p:plain

以下△同飛に▲7二銀打、△8四玉、▲8三金、△8五玉、▲7七歩で寄せ切り。局後コメントでは青嶋先生は「△同飛で△4二飛、▲2一飛成、△6三金の順を気にした」と仰っていた。これも先手優勢なようだが、やはりプロはあらゆる順を読むものだ。

飛車当たりを手抜いて攻め続け、最後のその飛車を活用するというピッタリすぎる手順。芸術的。