読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

異次元の狙撃手 12

将棋 青嶋未来

C2青嶋-中村亮より。序盤駆け引きがありましたが居飛車穴熊と銀冠の対抗形に。

青嶋先生が力強い攻めに出て、勝負どころを迎えた下図。先手陣は穴熊ながら金銀二枚の囲いで食いつかれる展開は避けたい。7四の歩は心強い拠点なのでどう活かすか…という局面。

中盤から終盤に移りつつある今、寄せへの構図を描けるかどうか。

f:id:honey1728:20160727223721p:plain

以下▲6五金、△7七歩成、▲同桂、△3九角成、▲7三銀で下図。

8五歩の形に目を付け、穴熊の桂馬を攻め駒として使うためにパンツを脱ぐ。△3九角成が緩手で、△7六銀や△8六歩と嫌味を付けに行くべきだったようだ。本譜の進行を見る限り、▲7三銀とぶち込んで以降、もう後手に手は回ってこなかったのである。

f:id:honey1728:20160727223722p:plain

以下△同桂、▲同歩成、△同金、▲8五桂、△8四銀打、▲7三桂成、△同銀、▲8五桂、△8一桂、▲7三桂成、△同桂、▲7四銀、△7二銀、▲7三銀成、△同銀、▲7五桂で下図。

長手数進めたが、7三に何度も絡みついて最後に7五に桂馬を打ったところ。

f:id:honey1728:20160727223724p:plain

息もつかせぬ攻めで後手陣をどんどん薄くする。先手陣は瞬間的にZなのが心強い。

以下の寄せはまた明日。