読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

実戦備忘録 03b

将棋 備忘録

前記事の続き。▲3二角と打ったところ。

f:id:honey1728:20160727212624p:plain

応手は色々あるだろうが、まず自然なのは△3三桂だろうか。これには▲2三角成、△4四飛、▲5五銀、△7四飛と進みそう。

f:id:honey1728:20160727212651p:plain

ここで後手は狙いが乏しいので、じっと▲1二馬と拾っておく手が第一感。△7六飛~△5六飛には▲3四馬~▲3三馬と駒得を拡大できる。ただ一瞬馬が離れるのでどこかしらから手を作ってくるのだろう。

▲4四歩と金に狙いをつける手もありそうだ。以下△4五金ぐらいだが▲6六銀と引き締めておいて後手は手を付けづらい。

技巧には▲4四歩を推奨された。ただ▲1二馬でもほとんど評価値は変わらず。どちらも+600ちょっとで推移している。少し進めてみたが、▲4四歩の評価の方が高いのはこちらの方が△4五桂と使われにくい点にあるようだ。△4五金と出させておけば桂馬は中々跳ねられない。

 

最初の図に戻り、▲3二角に△6三歩、▲7五銀、△5六飛の変化。これは△5五角の狙いもあるし、馬筋がそれたら△7六飛も狙っている、先手もまったり▲2一角成というわけにはいかなさそう。

f:id:honey1728:20160727214007p:plain

▲5七歩は将来的な△5五角を防げていないので、▲6六銀が手厚くて良さげか…と思ったものの△同飛、▲同歩、△4五角~△2七銀の筋が少し気になる。欲張らず▲5七歩、△4六飛、▲6六銀が最も手堅いか。

…とこのぐらいまで考えて技巧に訊いてみると、後者の順は△5四角で馬を消されるとのこと。▲2三角成で大丈夫かと思っていたが、以下△3三金、▲1二馬、△2六歩と2筋の歩が切れたことを逆用される。これは△3三桂の方の変化でも出てきそうなので覚えておこう…。

さて、推奨手は上図で▲4七金という強い手。飛車は逃げにくいということのようだ。逃げるとしたら△5四飛だが、▲6六銀、△3三桂、▲4三歩、△4四飛、▲2三角成で次に▲3五歩を狙いにして先手良しとのこと。普通に飛車を取っても先手良さそうだが、これも高度な手順で参考になる。

飛車を逃げないとすると△5四角や△4五金などで切り返しに来る手順が見えるが、△5四角には飛角を取り合って▲2二飛と下ろせばやはり良さそう。

△4五金は命がけの攻め。先手陣は薄いのでなかなか嫌味である。技巧が示した手順は▲2一角成、△5五角、▲3七桂、△4六歩、▲5六金、△同金、▲6五馬…という難解で激しい順。これも評価値は+600ぐらい。△5五角で△4六歩などとすっきりさせるのは▲5六金、△同金、▲6五馬の味が良い。

全体的に、どちらかといえば後手が工夫した攻めを強いられる展開になるようだ。急戦側としては、焦らしながら受けに回るといういつもの展開(?)になる。