読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

異次元の狙撃手 07

将棋 青嶋未来

青嶋先生が右玉を採用した将棋から。新人王戦の知花-青嶋。

ここまでの一連の記事をご覧いただければ分かりますが、青嶋先生は本当に何でも指しこなします。前期C2の将棋を並べていると、相手の得意戦法を受けて立っているのでは?と思わせる対局も多々あります。

f:id:honey1728:20160720235824p:plain

小競り合いがあって少しおさまった局面。中盤の難所。

ここから後手が上手く立ち回り、ペースを握る展開になった。1筋、4筋に上手く対応しながら8筋からの攻撃に移りたいところだが、どう構想を練るか…。

本譜は△4五歩、▲同銀、△5三桂。

f:id:honey1728:20160720235825p:plain

ここで銀を引くと△4五歩から△1三香と払われるので、▲4四歩、△4五桂、▲4三歩成、△同金左と進む。

そして▲1六香に△5五銀が手厚い。

f:id:honey1728:20160720235826p:plain

自然と後手の駒が急所に集まってきているのが分かる。

角を切るのはまだ早いので▲2八角だが、△8六歩、▲同歩、△8五歩と後手が手順に仕掛けた。

f:id:honey1728:20160721000457p:plain

後手玉も近く流れ弾に当たりやすいので、形勢自体はほぼ五分だろう。しかしいつの間にか後手がペースを握っているのは確か。以下熱戦になりましたが、先手の反撃を余して後手勝ち。