読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

実戦備忘録 01b

二日前の続き。

f:id:honey1728:20160718172255p:plain

類型は色々あると書いたが、▲8八角型で同じ仕掛けをされた場合は勝率が上がる。左桂の参加がないためやや先手の攻めが細いのではないかと感じる。▲8八角型でも△8六歩からの歩交換は陣形が整うまではしない方が良いと思う。(自分の場合はそもそも陣形が整ってから△8四歩~△8五歩と突いているが)

また最近の経験上、角交換になった場合はとりあえず△3七角~△6四角成と手厚く構えておくのが良さそうな気がしてきた。香車が取れる局面でも引いておいてゆっくり指すのが良いか。その場合は△7四歩型の方が明らかに得だが、後から突ける展開にもなりやすいイメージ。

先手が一気に攻め切るのはなかなか大変だと思う。好所で▲3五歩や▲2四歩を絡められて上手く手を繋がれる展開になることはあるものの、少なくともスパッと斬られることはなさそう。

ただ、先日も少し書いたが、上図あるいはもう少し前のタイミングで▲6六歩と指されるのは非常に気になる。▲4五歩が権利として残る上、後手は角の活用が簡単ではない。これは実戦経験がほとんどないので、また出現したら考えようと思う。