読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

異次元の狙撃手 05

引き続き、青嶋先生の将棋から。今日は三段時代の将棋です。

新人王戦の阿部健-青嶋より。

居飛車穴熊とノマ四の対抗形から、大きな捌き合いになって下図。ここまでの振り飛車の捌きも自然で鮮やかな手順ですが、今回は終盤を取り上げます。

f:id:honey1728:20160718161856p:plain

駒割は角桂と金銀の交換で後手やや得。囲いも後手陣の方がしっかりしており、後手優勢と言ってよさそう。

以下どうやって勝ちに持って行くか。

本譜は△4四金打、▲同金、△同飛、▲5五角、△4八歩、▲6九歩、△6八銀。

f:id:honey1728:20160718161858p:plain

△4八歩と軽妙な手筋を放ち、飛車の横利きを止めたところで食いつく。

以下▲9六歩と通気口を開けますが、角は渡せないことを見越して一回△5四歩。そこで▲3三角成、△6九銀不成、▲6五歩、△同飛、▲6六銀と粘るものの、△同飛とすっぱり切って▲同馬、△6八歩成、▲6四歩に△7八銀成、▲9七玉、△7七銀で先手投了。

f:id:honey1728:20160718161859p:plain

▲同馬なら△8八銀から△6四金と払った手が詰めろ。

鮮やかなピッタリの寄せ。