読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

一直線穴熊 △7三銀型 03

一直線穴熊 将棋

もう一つの代表的な進行例。A級久保-渡辺より。

f:id:honey1728:20160715220902p:plain

上図から、▲5九金、△6四銀、▲6九金右、△6五銀、▲5九角と居飛車のやりたいようにやらせる。

f:id:honey1728:20160715220904p:plain

しかし上の図をよく見ると、居飛車からなかなか手を出しにくい。△7六銀の進出にはすぐに▲7八飛と回っておくのもあるし、△6七銀成(不成)と取らせて将来の▲6二歩に期待する順もある。△6五銀は▲5六飛からの捌きを封じているものの、▲3八飛~▲3五歩の順に進むと遊び駒にしかならない。

案外知らないと指しにくい手順なのか、こちらはあまり指されたことがない。しかしこの手順の方が居飛車としては嫌だと思う。後手の銀が僻地に行くのに対して先手の金が寄せられる感じがなんとなく指しにくい。

ちなみに下図の技巧の評価値は全くの五分に出た。ただ進めていくと徐々に先手に振れていく場合が多い。

 

なお、実戦は下図以下△8六歩、▲同歩、△7六銀、▲3五歩、△2二角、▲3四歩…と進み先手が指しやすい局面になった。結果は逆転で後手の勝ち。