読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

異次元の狙撃手 01

青嶋未来 将棋

最近、青嶋先生の棋譜を延々並べたい衝動に駆られています。優勢な将棋を勝ち切る時の鮮やかさと、悪い将棋をひっくり返す怪しい技術…。とにかく強い。

一局から一場面ずつを目安に、個人的に覚えておきたい手をメモしていきます。

まずは有名な手から。増田-青嶋(叡王戦)より。

f:id:honey1728:20160710173627p:plain

居飛車穴熊と四間穴熊の対抗形から一気に終盤へ。上図から先手が踏み込み、▲5四馬、△同歩、▲7二銀、△6八歩成、▲7一銀成、△同銀、▲7二金と詰めろを掛けたのが下図。

f:id:honey1728:20160710173629p:plain

ここで後手に決め手がある。

△6一金。

どう応じても詰めろが外れるので△7八とで一手勝ちできる仕組みだ。

戻って、△6七歩には▲4六角などと受けていればまだまだ長い将棋だった模様。以下△6八歩成、▲同金、△同飛成、▲同角、△7八金…の展開。先手は受け続けねばならないので大変ではあるが。

△6一金自体はよくある手筋だけれども、ここまででピッタリ一手勝ちになることを読み切れないと踏み込めないところ。

これは鮮やかな方の例。

 

…ふと、「青嶋の結論」をまだ読んでなかったことに気が付きました。笑

一直線穴熊もあるようなので読んでおかなければ…。あちらの研究もまた書きます。