読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

一直線穴熊 △6四角型 04

前記事の△5五角の局面では、▲3七香が優るというのが先輩と指しまくった末の結論。

今技巧にかけてみたところ、こちらを指摘してきたので嬉しかった。笑

f:id:honey1728:20160709135723p:plain

評価値は+300~400と微妙に居飛車に振れる。

以下は△5八歩、▲5四馬、△4六角、▲4七歩、△1三角、▲2四歩などと指していることが多かった。技巧には▲4七歩で▲3五歩、△5九歩成、▲2七馬などと馬をひきつける順を指摘された。▲5四馬~▲6五歩を狙うよりも受けに回った方がいいようだ。

どちらにせよ、▲5四馬と引けるのが大きいということか。ただこの形定番の△5八歩からのと金作りでいずれ一枚は剥がされる。飛車も使いにくいので実戦的には難しい勝負だと思う。

 

尚、最初「振り飛車はほとんど避けようがない」と書いたが、微妙な工夫はありうる。△7二金や△6二銀などの一手に代えて先に△1二香と上がっておくのがその先輩発案の一例。▲1一角成の時に香車を取れない仕組みだ。

その場合は居飛車も微妙に手順を変える必要が出てくるだろう。ここまで来るとかなりマニアックかつ煩瑣になるので、取り敢えず棚上げしておいてまた気が向いたら書いてみようと思う。