読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

一直線穴熊 △6四角型 03

前記事までの形は下図に至るまでに△4四飛と▲4八飛(▲3七角)の交換が入っている形。当然ながら交換を入れないのも普通。

f:id:honey1728:20160709134638p:plain

これは高見本に載っている形。飛車の位置が違うのでだいぶ違う戦いになる。部の先輩とも指しまくった形だ。

以下△5一角と備えておき、▲4六角に△4四歩と反発するのが急所。▲同歩、△同飛、▲5五角、△4九飛成、▲1一角成、△3三角、▲2一馬、△5五角と進むのが一例。ほぼ一直線の手順だと思う。

f:id:honey1728:20160709134642p:plain

居飛車は▲1八飛、▲2六飛、▲3七香などで悩むところ。

プロの実戦例は高見-中村修で、▲1八飛、△2九龍、▲4八飛に△3七角成の途中下車が巧手。(下図)

f:id:honey1728:20160709135331p:plain

以下▲4二飛成に△3六馬と引いて▲5四馬の活用を阻止。形勢自体は互角のようだが(技巧+50)、後手は△5八歩からのと金作りが分かりやすい攻めだ。実戦も後手勝ち。