読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

角換わり▲4五桂 03

将棋 角換わり

今回は、▲4五桂に△4四銀と上がられた場合の攻め筋を大雑把に載せてみます。

そもそも▲4五桂の成立条件が「△2二銀と引かれないこと」である以上、後手に△4四銀と上がらせた時点で先手としては一応成功ということになります。

こう進めば既に成功とされている形なので、▲4五桂の成否を論じているこいなぎさんのツイート自体にはあまり出てこないのですが、ちらほら見かけたものをまとめてみます。

 

まずは基本的なところから。△2三歩~△2五角に対する手順。▲3二飛成では▲1五角も有力。△7二銀型はこのような展開になると痛い。

 

△2二歩と受けるのはある手。ただやはり妥協の感は否めない。

 

こちらも同じ筋の高度な例。好手筋の連発だ。

 

▲4五桂、△4四銀、▲4六歩の進行の場合の後手の対応の例。ここから後手は右玉含みで指すのだろう。

 

先手は飛車を渡す可能性が高いので、自陣の隙をなくす▲3八銀~▲4九金~▲6八玉型が一番ポピュラーか。▲4八銀~▲5九金~▲6八玉と深く組む形や、居玉のまま▲4八銀とだけ上がって仕掛ける形も多い。ここでもバリエーションが広がるのが研究する上では悩みの種だ。

角換わり▲4五桂 02

角換わり 将棋

今回は、▲4五桂が成立する典型的なパターンをまとめてみます。まずは▲4五桂に△2二銀と引いた場合に潰れる形を見ていきます。

暫くはこいなぎさんのツイート頼りでまとめ、分類ができてきたら図面にして整理したいと思います。

 

前回も載せたツイートですが、まずこの攻め筋は基本。

 

▲5五角の筋を絡めるパターンも多い。この形は▲3五歩の突き捨てを入れているのもポイント。

 

同じく、▲5五角の筋。前の記事で後手受け切りと書いた形は▲4六歩と△5二金の交換が入っている。▲4六歩と突いていない場合、▲5五角~▲6四角の後に▲3七角とここに引けるのが大きな違いだ。

 

もう一つ同じ筋。

 

これも似た筋。

 

かなり高度にした例。

 

これは早繰り銀に対してだが、△9五角や△8四角とこちらから打つ手もよく出てくる筋。△8四角に▲6六角なら△7三角と引く手があることも合わせて覚えておきたい。

 

桂を跳ねている相手に△3五歩を絡める手も多い。

 

上の応用編。受ける側が桂馬を跳ねている場合、銀が桂頭を守っている形でも▲7五歩(△3五歩)を入れておくのが手筋だ。この場合は▲3五歩の突き捨ても入れるべき。受ける側としては跳ねない方が受けやすい変化が多い。

 

似た例。△8二飛・△6二金型への仕掛け。

 

大雑把ですが、とりあえずこんなところでしょうか。またいつか内容を精査して上手くまとめたいですね。

次回は△4四銀に対する攻め筋をまとめてみます。

千田流△6二金~△8一飛 09

将棋 角換わり

少し前、▲4八金~▲2九飛の先後同型の形を検討していました。

下は同型から▲6六歩、△6五歩と進んだ形。

f:id:honey1728:20161122130651p:plain

以前から参考にさせて頂いている「将棋はソフト指しでおk」様が最近この形について深く深く研究なさっているので、リンクを貼っておきます。

blog.livedoor.jp

当ブログの研究量の100倍ぐらいありますので、皆さま是非ご覧ください。当ブログにリンクを貼っていただいているのが畏れ多すぎます。

 

盲点だったのは、上図以下▲同歩、△同桂、▲6六銀、△6四歩なら▲4五歩と突いて先手悪くないという順でしょうか。

blog.livedoor.jp

確かに後手の次の指し手が難しいように感じました。

 

「角換わりの玉の定位置が▲7九玉が▲6八玉に変わりつつある」とはよく言われますが、実はそれも甘く、「▲5八玉に変わる」のが本当なのかもしれないと最近は考えています。

まあ、▲5八玉型はもともと羽生-谷川にも佐藤康-羽生にも出てくる形ですが。笑

角換わり▲4五桂 01

将棋 角換わり

新年が明けましたし、暫く中断していた序盤研究を再開したいと思います。最近は詰将棋棋譜並べばかりやっていましたが、今一つ結果に出てこないので…。

 

最近盛んに指されている、角換わりからすぐに▲4五桂と跳ねる将棋を考えてみます。

しかしそもそも基本図をどこにすれば良いのかが分からず、体系的に書くのが難しい状況です。

他力本願ですが、当分はTwitterで有名なこいなぎさんのツイートをまとめる方法で進めていこうかと思います。(こいなぎさん、勝手にすいません)

ちなみに一部ですがTogetterのまとめもあります→【角換わり▲4五桂の成立条件】 - Togetterまとめ

 

とりあえず進めてみます。私自身よく分かっていないので、手探りで書いていくことになります。

まずは基本的なことから。

「▲4五桂が成立する条件=△2二銀と引けない場合」

言い換えれば、4五に跳ねた桂が△4四歩から代償なしに取られる展開に進むなら成立しない、といったところでしょうか。

▲4五桂に△4四銀の進行なら、▲4六歩と支えておけば大丈夫な場合がほとんど(例外もありますが)。以下▲2四歩から歩交換する形になれば、▲3四飛から暴れる展開と▲2九飛からまったり進める展開とを使い分けて、先手に不満がなくなる印象。こいなぎさんのツイートだと▲3四飛から暴れている展開がほとんどですが。

もう一つ考える余地があるのは、▲4五桂の前に▲3五歩を入れるべきかどうか。こいなぎさんの棋譜やツイートでは▲3五歩を入れている場合がかなり多いです。これもバリエーションが増えるので難しい。

 

さて、具体的な攻め筋はまた検討するとして、「▲4五桂が成立しない」「▲4五桂の成否は微妙」と書かれている局面を載せてみます。

 ここに出てくる「△2七銀」「▲8三銀」については下の順を参考にしてください。

上二例は受ける側が右玉を目指している例。

「▲4五桂対策の駒組み」として紹介されているのは下です。

念のため浮かむ瀬にも掛けてみましたが、-200ぐらいで進めていくと徐々に後手に振れていく模様。

ちなみに△2二銀に▲5五角なら、△4四角、▲6四角、△6三銀、▲7五角、△7四歩、▲6六角、△同角、▲同歩に△4四歩(△6四角を利かす手もある)で後手良し。

△5二金型に限定されてしまうのが微妙なところですが。

 

キリがなくなりそうなので今日はこの辺で。。。

一直線穴熊 早い△8四歩・続

一直線穴熊 将棋

前回の続き。

f:id:honey1728:20161210220343p:plain

ちなみに、浮かむ瀬に掛けてみると+300ぐらい先手に振れる局面だ。

狙い筋を示すために漫然と続けてみると、△5二金、▲3七桂、△6二金左、▲4五桂。

f:id:honey1728:20161210212431p:plain

△4二角に▲6六金と金を繰り出す。▲5六歩もありそうだが、△4四歩ぐらいで忙しくなりそうだ。

▲6六金以下、△3三桂、▲5五金、△5一飛、▲5六金、△4五桂、▲同金、△7五歩、▲5四桂、△7六歩、▲2二角成が一例。

f:id:honey1728:20161210212437p:plain

△5二金のところで△6四歩などと反発するのも、▲同歩、△同銀、▲2四歩(先に▲2四歩もあるか)で上手く仕掛けることができる。

 

この形は、ゆっくり組み合ってから動こうとすると、後手だけビッグ4への発展型があるので居飛車の作戦負けになりやすい。

金銀四枚が囲いに密着するのは居飛車の方が先なので、隙あらばどんどん動いた方が良いのだろう。

一直線穴熊 早い△8四歩

先日の実戦を題材に、少し検討。

△6四歩や△5二金を省略し、△7三銀~△8四歩を急がれた。

f:id:honey1728:20161210212418p:plain

△5二金と上がった時の▲8六角の筋を牽制している。

以下角を右に転換する構想で漫然と組むと、下図のように進みそう。

f:id:honey1728:20161210212422p:plain

以下▲4八飛~▲2六角~▲3七桂が一例。

▲4八飛~▲4五歩~▲3八飛と組んだ場合は、後手がもう一手多く指せるので下図になる。

f:id:honey1728:20161210215324p:plain

以下▲3五歩の仕掛けが一例。

さて、上図二つを見ると、何となく居飛車の手が遅れているような感じがしないだろうか。

本格的な戦いが始まる時には、後手だけビッグ4に組まれてしまっている未来が容易に想像できる。経験上、ビッグ4に組まれてしまうと右辺で良くなってもなかなか勝ちにくい。

そもそも、ビッグ4に組まれない手順があったとしても、△8五歩と伸ばしておくだけでもかなり嫌味である。

 

さて、実は角を右辺に展開して攻める順はこれまで何度も記事にしているのだが、上図のような局面にはならなかったはず。何となく間に合っていないその一手は、△6四歩が省略されていることに起因している。

つまり、▲8六角の筋の緩和のための△6四歩を△8四歩に代えることで、ビッグ4への発展を先に見せたのが後手の工夫。

 

角を右辺に転換してしまっては△6三歩型を咎められないので、ここは▲6五歩が良いと考える。

f:id:honey1728:20161210220343p:plain

▲6五歩以下の展開はまた明日書きます。

 

もう一つ気になっているのは、居飛車の▲1六歩。

△5四飛と浮かれた時に、△4四飛と△1五角を絡めた嫌な筋の防ぎで▲1六歩と突いておくのは安全策だが、今日検討したような展開だと明らかに緩手。

角を右辺に展開する場合は、後手もいずれ△1四歩の必要が生じるのであまり気にせずに突いていたが、やはりそれでは甘いという気がする。

 

特に後手番の時は気を付けた方が良いと思う。

対中飛車△7三桂急戦 04

対中飛車急戦 将棋

前回の続き。

f:id:honey1728:20161207222059p:plain

以下△同歩、▲同飛、△7七角成に何気なく▲同銀と取っていたが、ここで▲同桂と取る手があった。

実戦中も少し考えていた手ではあったが、こちらの方が優るようだ。

f:id:honey1728:20161207231802p:plain

評価値はやや先手に振れる。▲5五角や▲6五桂、▲3四飛などを組み合わされるのは後手としてはかなり嫌な展開。こういう展開が好きな居飛車党はいないのではないだろうか。笑

浮かむ瀬との検討では、更に遡って△7七角成のところで△8六歩が良いとのこと。この手なら互角かやや後手持ちで進行する。

f:id:honey1728:20161207231808p:plain

以下▲同歩に△6五桂と跳ねる。

f:id:honey1728:20161207231810p:plain

角交換を先手からやらせるのが急所で、△2二同銀の形になれば手順に▲5五角と▲3四飛の筋を緩和できる。

これなら後手の飛車も捌けそうなので、居飛車を持ってやり甲斐のある将棋だろう。

 

…非常に適当ですが、取り急ぎメモだけ。また検討してみます。