読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dimensional Sniper

将棋 / 研究 / 青嶋未来

飯塚流と後手超速 05

対中飛車急戦 将棋

久々の更新ですが、引き続き後手超速の将棋を紹介したいと思います。尤も、中飛車側が▲5五歩と突いていない場合、超速というよりは普通の急戦という感じが強くなりそうですが…

 

王座戦の鈴木-深浦戦より。

f:id:honey1728:20170323183222p:plain

図は△7三銀と上がったところ。ここから5筋の位は取らないまま、普通の振り飛車のように進めるのが先手の工夫です。

以下▲6六歩、△3二玉、▲6七銀、△4二銀、▲3八玉、△7二飛、▲2八玉、△6四銀で下図。

f:id:honey1728:20170323183223p:plain

上図に至る手順で、△3二銀~△3一銀と組むのが前回紹介した千田-今泉戦の進行です。

本譜は居飛車側が普通の急戦を志向した順で、部分的に良くある手順です。

上図以下▲7八飛、△7五歩、▲8八角、△7六歩、▲同銀、△3四歩。

f:id:honey1728:20170323183227p:plain

そして▲3八銀、△5四歩、▲1六歩に、△7七歩、▲同飛、△6六角と仕掛けました。

f:id:honey1728:20170323183729p:plain

しかし、▲6七銀、△7七角成、▲同角、△3三桂に▲1五歩、△3一金、▲6八角、△2二金、▲4六角が絶品の指し回し。

f:id:honey1728:20170323183228p:plain

鈴木先生なら大楽勝と思いながら指していたかもしれません。実戦も先手が快勝。

 

前にも書きましたが、先手が▲5五歩を突いていない場合は、急戦を敢行しても上手く対応されやすい印象があります。本局はまさにその例です。

飯塚流と後手超速 04

対中飛車急戦 将棋

前回の続き。今回は、中飛車側が▲5五歩を保留する例。

▲5五歩を保留されると、中飛車側の駒組みの柔軟性が高まるため、居飛車としてはどこかで角道を開ける展開が多くなります。この場合角を捌かれやすくなるためこれまでのような急戦では上手くいかない場合が多いです。

 

まずは全然違う形ですが、中飛車側の成功例をご紹介。

先後逆ですが深浦-久保(王将)より。

f:id:honey1728:20170217042547p:plain

以下△8二銀、▲7四歩、△同銀、▲7八飛、△4五歩。

f:id:honey1728:20170217042526p:plain

この手が振り飛車らしい手で、居飛車が抑え込む将棋ではなくなりました。

以下▲3四飛、△4六歩、▲4四銀、△4七歩成。

f:id:honey1728:20170217042528p:plain

以下▲4三歩、△3二金、▲3三銀成…で大変な将棋だが、居飛車としては本意の展開ではないはず。実戦は中飛車勝ち。

良い例かは分かりませんが、何かと捌かれやすいという雰囲気だけ伝われば幸いです。笑

 

これでは居飛車が困るので、今泉-千田(王座)をご紹介。

f:id:honey1728:20170217042558p:plain

以下△3四歩、▲2八玉、△3二銀、▲3八銀、△3一玉。

f:id:honey1728:20170217042559p:plain

いかにも千田調といった駒組み。

以下▲6七銀に単に△6四銀と出る。当然▲6五歩と反発されますが、△7七角成、▲同桂、△7三銀とあっさり撤退。

f:id:honey1728:20170217042600p:plain

△7五歩の仕掛けを狙うのではなく、角交換に応じて△7三銀と戻るのが柔軟な手。一見△7三銀が取り残されそうで居飛車失敗に見えますが、駒組みが進むとそうではないことが分かります。

以下飛ばして下図に。

f:id:honey1728:20170217042602p:plain

居飛車は堅さが主張。お互いに動きにくい将棋になっており、千日手歓迎の後手としては十分だと思います。尚浮かむ瀬の評価値はほとんど互角。

実戦は以下▲1八香から端に手を求めましたが、上手く受け流して後手勝ち。

 

△7五歩から銀を繰り出す攻めは、この形だと角を捌かれて失敗しやすいイメージがあります。下の例のようにじっくり組む例も覚えておいて損はないでしょう。

飯塚流と後手超速 03

対中飛車急戦 将棋

前回の続き。今回は、後手超速に先手が▲6六銀で対抗する形です。

進行は菅井-大橋戦(第46期新人王戦第一局)より。

f:id:honey1728:20170217034430p:plain

見ての通り、通常の超速における銀対抗を先後逆にしたのと同じ形です。

ただ、以下中飛車側が普通に組む展開なら、先手番の戦法を後手番で指せているので居飛車としては悪い気はしないと思います(先手の一手の得が活きそうな形もあります、後述)。

本譜は少し飛ばして下図。

f:id:honey1728:20170217034431p:plain

ここから△4四歩、▲5三歩成、△同銀上に▲1八香。

f:id:honey1728:20170217035403p:plain

一手早いのを活かし、一歩持って穴熊に組むのが菅井先生の構想だったようです。

以下後手としては先手に満足な形に組まれるわけにはいかないので、金銀を盛り上げて抑え込みに出ます。

ここからの居飛車の指し回しは絶品でした。手順は省略しますので、上のリンクからご覧ください。

 

さて、上に書いた「先手の得が活きそうな形」についてもメモしておきます。実戦で指されて困った形です。

f:id:honey1728:20170217040355p:plain

銀対抗から、某本に「クロスファイア」という謎のネーミングがなされている形へ。一時期プロ間でかなり指されていた形の先後逆バージョン。

一手の違いというのは大きいもので、定跡なら上図で先手が▲3八金と上がる所ですが、その一手がもう指されていることになります。

f:id:honey1728:20170217040401p:plain

この一手は大きく、以下定跡通り進むと上図。丸々▲4八銀が入っている計算で流石に後手は持ちにくい。

というわけで、後手としては銀対抗から淡々と進められたら急戦策ではなく穴熊に組むべきなのかもしれません。超速銀対抗からの相穴熊、という数年前よく指されていた戦型になりますね。

 

この銀対抗の形は一手の差を活かして先手が工夫してくる場合が多く、後手としてはそれに対応する展開になるでしょうか。通常の超速の経験が大事になりそう。

 

 

載せ忘れていましたが、suimonさんのブログに対先手中飛車の角道を開けない急戦についての解説があります。ご参考まで。

www.fgfan7.com

飯塚流と後手超速 02

将棋 対中飛車急戦

今回は後手超速と呼ばれる形について。

f:id:honey1728:20170217030206p:plain

まずは直近の例を紹介してみます。菅井-澤田(C1)より。

居飛車の狙いが綺麗に実現した例だと思います。

上図以下▲7八銀、△5二金右、▲2八玉、△3二玉、▲3八銀、△4二銀、▲6六歩、△7五歩で開戦。

f:id:honey1728:20170217030208p:plain

先手に早めに▲6七銀と上がられた場合は△7二飛などで対抗するのでしょうか。

以下長めに進めますが、▲6七銀、△7六歩、▲同銀、△7二飛、▲6七銀、△7四飛、▲7八金、△1四歩、▲1六歩、△7五銀、▲6五歩、△7三桂。

f:id:honey1728:20170217030224p:plain

居飛車としてはかなり分かりやすい手順で、淡々と組んで理想形の完成。

以下▲5六飛、△7六歩、▲6八角に△3四歩がやはり手順。角を引かせてから△3四歩と突ければ成功と言っていいでしょう。

f:id:honey1728:20170217030250p:plain

先手としては動くしかない。

本譜は▲7七歩、△同歩成、▲同金、△6五桂、▲7六金と捌きに出たが、△同銀、▲同銀、△4五金、▲6六飛、△5五角、▲6五飛、△7六飛、▲7七角、△同角成、▲同桂、△5六銀、▲8五飛、△7七飛成で後手銀得の分かれ。

以下は丁寧な指し回しで後手の制勝。後手の狙いが実現した例。

 

先手の後手超速への対策は、本譜のように▲6六歩と突く形と、▲6六銀で対抗する形と、そもそも▲5五歩を突かずに構える形がある。それぞれプロの実戦例があるので、紹介していきたいと思います。

飯塚流と後手超速 01

対中飛車急戦 将棋

先手中飛車に△7三桂~△6五歩と仕掛ける形に限界を感じ始めたので、前やっていた別の形を再考してみたいと思います。

それは、後手が角道を開けずに△7三銀~△6四銀と繰り出していく形。最近は「後手超速」などと呼ばれているのをよく見かけますね。

 

この形の源流は、数年前の勝又講座の先手中飛車対策特集回に載っていた下の形だと思います。飯塚先生が連採して知られるようになったと思われるので、私は勝手に飯塚流と呼んでいます。笑

f:id:honey1728:20170217022450p:plain

以下藤井-飯塚(棋聖)は、▲2八玉に△7五歩、▲同歩、△6四銀と仕掛けた。

f:id:honey1728:20170217022451p:plain

「▲2八玉では▲6七銀だった」という藤井先生の感想がある。その進行は後ろでご紹介。

本譜は上図から▲6五歩、△7五銀、▲5四歩、△同歩、▲同飛、△6四歩と進んだ。

f:id:honey1728:20170217022452p:plain

通常なら▲5四歩で飛角が一気に捌けるところだが、ここでは後手が角道を開けていない効果で、先手の角を負担にすることができる。

以下▲5四飛、△6五歩、▲5五角、△7三歩、▲7四歩、△6三金…で難解な進行ですが、金銀が低すぎて先手の攻めが軽い印象。

 

▲2八玉で▲6七銀としたのは橋本-飯塚(B1)。

▲6七銀に単に△6四銀だと▲6五歩~▲6八角で▲7七桂を狙われるので、じっと△7二飛と力をためる。

f:id:honey1728:20170217023920p:plain

以下▲5四歩、△同歩、▲同飛、△6四銀、▲5九飛、△7五歩と自然な進行。

f:id:honey1728:20170217023939p:plain

以下▲同歩、△同銀、▲6八角、△3四歩、▲5四飛、△8六歩。形勢は難しいが、先手玉が不安定なまま戦いになるので居飛車としてもやりがいのある仕掛けだろう。

f:id:honey1728:20170217023928p:plain

手順中▲6八角に△3四歩がセットの手順で、角交換を狙われなくなったところで後手は角道を開けるのが良い。

なお、△3四歩が遅い分△1四歩は突いておきたい歩だが、本譜はここから▲1五歩として端と▲3四飛を絡めた攻めを狙う展開になって逆用された。この順には警戒が必要だ。

 

実戦はどちらも後手勝ちだが、急戦が得意な飯塚先生ならではという指し回しで指しこなすのは大変そう。

 

さて、上の形で△3二玉、△4二銀、△5二金を後回しにして△6四銀と出てしまえば後手超速と呼ばれている形になります。ただその思想には共通したものがある(角道を開けないことで先手の角を負担にさせる点など)と思うので、まずは飯塚流を紹介してみました。

角換わり▲4五桂 基本の攻め筋 06

将棋 角換わり 青嶋未来

前回同様、▲4五桂に△4四銀と上がられた場合の進行例をご紹介。今回は▲2九飛と引く形です。

今季C1の青嶋-高橋戦より。

 

青嶋先生は角換わりでの左美濃を時おり採用されています。(昨季C2での星野戦など)

下図は▲4五桂と跳ねた局面。

f:id:honey1728:20170216155344p:plain

△2二銀なら▲7七角や▲5五銀の筋を絡めて攻めるのだろう。

本譜は△4四銀とし、▲2四歩、△同歩、▲同飛、△2三歩、▲2九飛と進んだ。

△2三歩に▲3四飛とするのは、後手陣がしっかりしている上、先手陣に不備が多い(飛車打ちの隙がある、△8八角の筋があるなど)ため無理そう。実戦は▲2九飛からじっくりした駒組みへ。

少し手順を飛ばして下図。

f:id:honey1728:20170216155636p:plain

以下、△8一飛に▲1六角。

f:id:honey1728:20170216155349p:plain

▲1六角は△4四銀とかわされた形の一つの狙い筋。本譜は駒組みを進めた後に打つ例だが、飛車を引いた後にすぐ打てる場合もある。

これで3四の歩取り自体は受けにくいが、実は局面は難しい。以下△5一玉、▲3四角、△2四角、▲4七金、△6二玉と後手は右玉に構え直す。

f:id:honey1728:20170216155350p:plain

先手は歩得だが筋違い角の活用も簡単でない。

以下進んで下図。

f:id:honey1728:20170216160950p:plain

 

図の通り、一転して渋い展開に進んでいる。▲3九飛は▲2五歩~▲3五歩を見せて後手の動きを急かした手。

以下後手が動いてきたところに上手くカウンターを決めて先手勝ち。

角換わり▲4五桂 基本の攻め筋 05

角換わり 将棋

前回の続きで、▲4五桂に△4四銀とかわされた場合の攻め筋を紹介します。今回も▲3四飛と横歩を取る形。

折角なので私の実戦例から。△8五歩に▲7七銀とせず▲4五桂と跳ね、△4四銀に▲2四歩と突いた局面。この△4四銀では△2二銀もあったでしょうか。

f:id:honey1728:20170216152937p:plain

以下△同歩、▲同飛、△2三歩に▲3四飛。ここは△2二歩と受けておいて、△6四銀~△7五歩に期待するのも一局。

本譜は▲3四飛に△2五角と飛車を捕獲された。ここからの攻めが今回のテーマ。

f:id:honey1728:20170216152939p:plain

以下▲3二飛成、△同玉、▲2六金、△1四角、▲1六歩が独特の進行。以前まとめたものの中に出てきていた攻め筋を思い出したので決行してみた。

f:id:honey1728:20170216152940p:plain

この順は△5二金が入っているなどの形の違いによっては成立しなさそうだが、上図では上手くいっている。評価値は+500~+800。

以下△2四歩、▲1五歩、△2三角、▲3五金が気持ちの良い進軍。

f:id:honey1728:20170216152941p:plain

△同銀と取るよりなさそうだが、▲同歩とこの筋の歩が伸びてくるのは大変味が良い。

 

ちなみに浮かむ瀬によると、△2五角では△2八角が優ったとのこと。以下▲1五角で互角の進行か。